文部科学省本文へ

大臣の部屋 お知らせ 組織関連情報 政策関連情報 公表資料 申請・手続き等 基本・共通 教育 科学技術・学術 スポーツ 文化

第4節 世界に誇れる国づくりに向けて

 21世紀を迎え,急速なグローバル化,情報化が進展する中で,世界に誇れる国づくりに向けて,IT分野における高度な人材を育成するとともに,世界最高水準の科学技術創造立国の実現のため,積極的にITを活用していくことが重要となっています。また,スポーツ分野においても,国際競技力の向上を図るために,ITを活用しています。

1.高度なIT人材の育成の推進

 文部科学省では,世界をリードする創造的な人材の育成に向けて,高等学校段階において,将来,IT分野の最先端で活躍する高度な人材の育成を推進するとともに,大学などの高等教育機関における,創造性豊かな人材の育成に対する支援を実施しています。

(1)IT人材育成プロジェクト

 高等学校段階からIT関連分野における高度な人材育成を進めていくため,平成16年度から「IT人材育成プロジェクト」を実施しています。具体的には,次のとおりです。

1研究指定校による研究開発

 ITに関する教育を重点的に行っている高等学校を指定し,先進的な教育方法の研究開発を行い,その成果を普及しています(指定は3年間)。
 平成19年度は,5つの指定校において,大学や企業研究者を外部講師として招いて指導を受けたり,ITに関する最先端分野の体験学習を取り入れたりするなど,先進的なカリキュラムによる指導が行われています。

2「ICTスクール2007」

 ITに関する知識・技能を有する高校生に,発想力や独創性などを伸ばすきっかけを与えるため,IT分野の最先端で活躍する研究者などの指導・助言の下,夏休み・冬休みに合宿形式で,コンテンツなどの創作活動を行っています。
 平成19年度は,8月と12月に東京及び大阪の2会場においてスクールを実施しました。全国から約60名の高校生が集い,プログラム言語の作成や独自のキャラクターの作成などの課題に取り組みました。その中で,お互いに刺激し合い,講師への積極的な質問や互いに教え合うことなどを通じて,ITに関する技術や意欲の更なる向上を目指しました。

ICTスクール2007

(2)専門的で創造性豊かな人材の育成に向けて

 IT分野における人材の脆弱(ぜいじゃく)性は,我が国の国際競争力にかかわる深刻な問題です。文部科学省では,これに対応するため,平成18年度から「先導的ITスペシャリスト育成推進プログラム」を実施しています。本プログラムは,産学により教育内容・体制を強化した教育拠点を形成し,この拠点において,企業等で先導的役割を担い得る実力を備えたソフトウェア分野や,昨今増加している情報セキュリティ問題に対応できるセキュリティ分野における世界最高水準のIT人材の育成を目指すものです。
 また,一般情報処理教育の充実を図るため,国公私立学校を通じた情報処理教育施設・設備などの整備を行うとともに,大学・高等専門学校で情報処理教育を担当する教員を対象とした講習会や研究集会を開催するなど,教員の資質向上に努めています。

2.次世代の「知」を生み出す研究開発及び基盤整備の推進

 情報通信技術は,産業のみならず日常生活までの幅広い社会経済活動に大きな変革をもたらすものであり,国民が安心して安全な生活を送るための重要な基盤となっています。このため,文部科学省は,情報通信分野における創造性ある研究開発の推進や科学技術・学術研究分野の情報化に取り組んでいます。

(1)情報通信分野における創造性あふれる研究開発の推進

 「次世代スーパーコンピュータ」は,理論・実験と並び現代の科学技術の方法として確固たる地位を築きつつある計算科学技術において,今後とも我が国が世界をリードし続けるため,長期的な国家戦略を持って取り組むべき重要技術(国家基幹技術)です。文部科学省は,平成18年度から「次世代スーパーコンピュータの開発・利用」プロジェクトを実施し,22年度の稼働(24年の完成)を目指しています(参照:第2部第6章第2節2(4))。また,競争的資金制度である「キーテクノロジー研究開発の推進」や科学技術振興機構が行っている「戦略的創造研究推進事業」などの公募型研究を戦略的に進め,基礎技術を応用・実用化へと結び付け,既存技術の限界を打ち破ることを目標に,基礎研究から応用研究への橋渡しに努めています。

(2)科学技術・学術研究分野の情報化

 情報・システム研究機構国立情報学研究所においては,大学・研究機関を接続する学術情報ネットワークとして,従来のSINETとスーパーSINETを統合し,最速40Gbps(ギガビットパーセカンド)の回線で接続する世界最速レベルの次世代学術情報ネットワーク「SINET3」を構築しました。また,大学などから発信される多種多様な情報から研究者が必要とする研究情報を統合的に利用することを可能とする「学術コンテンツ・ポータル(GeNii)」を運用しています(参照:http://ge.nii.ac.jp/genii/jsp/index.jsp(※GeNii(NII学術コンテンツ・ポータル)ホームページへリンク))。これらの情報基盤に加えて,「次世代スーパーコンピュータの開発・利用」プロジェクトの一環として,高速グリッド・コンピューティング(注1)技術の研究開発を進めることにより,最先端学術情報基盤(サイバー・サイエンス・インフラストラクチャ)(注2)の実現を目指しています。

  • (注1)グリッド・コンピューティング
     分散配置された多数のコンピュータや記憶装置などをネットワークに相互に接続して,利用者がどのコンピュータを利用しているのか意識することなく,一体的な利用を可能とするコンピュータシステム。
  • (注2)最先端学術情報基盤(サイバー・サイエンス・インフラストラクチャ)
     我が国の大学等や研究機関が所有しているコンピュータ等の設備,基盤ソフトウェア,コンテンツ及びデータベース,人材,研究グループそのものを超高速ネットワークの上で共有する環境。

3.諸外国に誇る我が国の文化発信

 急速に進展する情報通信技術は,文化行政においても大きな役割を果たすものとなっています。文化庁では,文化行政の情報化と情報発信の強化のため,文化庁ホームページなどを窓口とし,文化財や美術品,舞台芸術,メディア芸術,日本語教育,国語施策などの各種情報を広く国内外に提供しています。
 また,デジタルコンテンツなどの知的財産の創造・保護・活用を図るため,文化庁において,映画・アニメ等のコンテンツ制作等への支援,海賊版(違法複製物)対策や情報化の進展に対応した著作権施策の推進などの様々な施策を実施しています(参照:第2部第9章第2節第2部第9章第7節)。

(1)文化庁ホームページ(参照:https://www.bunka.go.jp/

 文化庁ホームページでは,芸術文化の振興,文化財の保存・活用,著作権の保護や文化庁主催の各種イベントなど,文化庁の様々な施策を紹介しています。さらに,国指定文化財の情報公開を行うとともに,所管する独立行政法人運営の文化施設へのリンクも掲載しています。
 また,文化庁ホームページ内にある「子ども文化教室」(参照:https://www.bunka.go.jp/kids/index.html(※文化庁ホームページへリンク))では,文化に対する子どもたちの理解・活動の支援のため,文化財や芸術文化に関する情報を子ども向けに提供しています。

(2)メディア芸術プラザ(参照:http://plaza.bunka.go.jp(※文化庁メディア芸術プラザホームページへリンク)

 メディア芸術祭の作品募集や受賞作品発表,受賞作品展情報のほか,アーティストや評論家へのインタビュー,国内外のメディア芸術関連のフェスティバル・展覧会情報などを掲載しています。

(3)文化遺産オンライン構想(参照:http://bunka.nii.ac.jp/(※文化遺産オンラインホームページへリンク)

 文化財はその場に行かないと実物を見ることができません。また,現場に行っても公開されていないものもあり,そのような場合は写真などで見るよりほかありません。そこで,文化庁では,情報通信技術を活用して文化遺産に関する情報を発信する「文化遺産オンライン」の実現に取り組んでいます。
 文化遺産オンラインは,我が国が誇る文化遺産情報に関するポータルサイトを確立し,インターネット上で総覧できることを目指したものです。
 文化遺産オンラインでは,希望の情報を容易に,かつ,正確に検索でき,画像情報を直接閲覧できる仕組みを備えることにより,文化遺産情報が検索しやすくなっています。これにより,日本全国の様々な文化遺産に触れる機会が多くなることが期待されています。
 現在は,システム実証のため,平成16年4月から国内向けに日本語による「文化遺産オンライン試験公開版」(参照:http://bunka.nii.ac.jp/(※文化遺産オンラインホームページへリンク))をインターネット上で公開しています。この試験公開版は,国立情報学研究所の技術協力の下,国立博物館・国立美術館・文化財研究所をはじめ,全国の博物館・美術館,さらに関係各団体からデジタル画像の使用協力を得て,一般公開しているものです。
 今後は,より使いやすい環境の提供を目指し,引き続き参加館の増加や検索可能な文化遺産情報の充実などを図っていきます。

文化庁HPトップページ

文化遺産オンライントップページ

(4)国語施策情報システム(参照:https://www.bunka.go.jp/kokugo(※文化庁ホームページへリンク)

  第2部第9章第8節1(3)を参照。

(5)日本語情報資料館(参照:http://www.kokken.go.jp/siryokan/(※国立国語研究所ホームページへリンク)

 日本語・日本語研究・日本語教育に関して国立国語研究所が蓄積する各種の資料・情報を電子化し,インターネットを通じて,広く国内外に提供しています。

4.国際競技力向上に向けた国立スポーツ科学センターの取組

 スポーツ分野においても,国際競技力の向上を図るためにITを活用しています。国立スポーツ科学センター(JISS:Japan Institute of Sports Sciences)(参照:http://www.jiss.naash.go.jp/(※国立スポーツ科学センターホームページへリンク))においては,スポーツ医・科学に関する各種情報を収集・分析・提供するため,ゲーム分析情報・スポーツ画像情報などのデータベースの構築や,国内外のスポーツ関連機関とのスポーツ情報ネットワークの整備などを進め,我が国の競技者を支援しています。

前のページへ