ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第14章 政策評価等の推進
第1節  政策評価の実施
1  政策評価の適切な実施


 文部科学省では,行政機関政策評価法を受けて,「文部科学省政策評価基本計画」(平成14年3月文部科学大臣決定)と「平成16年度文部科学省政策評価実施計画」(16年3月文部科学大臣決定)を策定し,これに基づき,実績評価,事業評価,総合評価の3つの評価方式を用いて政策評価を実施しています。

 政策評価の実施に当たっては,事務次官を議長とする「政策評価会議」を開催し,政策評価に関する決定を行っているほか,政策評価の客観的かつ厳格な実施を確保するため,学識経験者などを構成員とする「政策評価に関する有識者会議」を開催し,評価手法・実施方法などの改善,個別の評価書などの内容について助言を得ています。

 これらの計画などに基づき行われた個別の評価結果については,報道発表を通じて公表するとともに,文部科学省のホームページにおいて公表しています(https://www.mext.go.jp/a_menu/hyouka/kekka/main5_a11.htm)。



* マネジメント・サイクル

 行政におけるマネジメント・サイクルとは,政策を企画・立案し(Plan),実施する(Do)という従来の行政の流れに加え,業績を測定・評価し(See),その結果を次の政策の企画・立案に反映させるというフィードバック(結果を原因に反映させていくこと)の過程を盛り込んだ,循環型(サイクル)の行政管理手法のことを指す。


(1) 実績評価の実施

 平成16年度においては,15年度の施策の実績についての評価結果を「文部科学省実績評価書−平成15年度実績−」(16年8月)として公表しました。

 実績評価の実施に当たっては,政策の体系を明らかにするため,「文部科学省の使命と政策目標」として9の政策目標と42の施策目標を設定し,施策目標に対して更に具体的な234の達成目標を設定しました( 図表2-14-1 図表2-14-2 )。さらに,目標ごとに平成15年度の達成度合いを測定するため,できる限り定量的データなどを用いて分析を行い,施策の効果について検証しました。評価の結果を記述するに当たっては,施策目標(基本目標)及び達成目標の達成度合いを「想定した以上に達成」,「想定どおり達成」,「一定の成果が上がっているが,一部については想定どおり達成できなかった」,「想定どおりには達成できなかった」の4段階の分類 で表しています。


(2) 事業評価の実施

 平成16年度には,文部科学省が実施する事業のうち,

{1}事前評価として,社会的影響や予算規模が大きいもの(研究開発課題については総額10億円以上)で,17年度予算概算要求において新規要求や拡充要求が予定されている78事業(以下「新規・拡充事業」という。)
{2}事後評価として,過去に事前評価を実施したもので15年度に達成年度が到来した8事業(以下「達成年度到来事業」という。)

を対象に評価を実施し,その結果を「文部科学省事業評価書―平成17年度新規・拡充事業及び平成15年度達成年度到来事業―」(16年8月)として公表しました。

 新規・拡充事業の事前評価においては,可能な限り定量的なデータを用いて,より具体的な達成効果と達成年度を設定するよう努めています。また,達成年度到来事業の事後評価については,事前評価を行った際に想定した事業の実施による効果と,実際に事業を行った結果得られた効果の比較・検討などを行い,得られた効果が十分でない場合などについては,その原因の分析,今後の政策に反映すべき点を明らかにするよう努めています。


(3) 総合評価の実施

 平成16年度からは,「優れた成果の創出・活用のための科学技術システム改革(仮称)」,「スポーツ振興基本計画に関する総合評価(仮称)」の二つの総合評価に取り組んでいます。


(4) 規制に関する評価の試行的実施

 文部科学省では,平成16年度から新たに法令に基づく規制の新設又は改廃のうち,社会的影響の大きなものを対象として,規制の必要性,規制の便益,規制の費用等について事前評価に試行的に取り組んでいます。

図表◆2-14-1 文部科学省の使命と政策目標

図表◆2-14-2 文部科学行政における施策目標・達成目標等の設定の具体例(平成15年度)


* 4段階の分類

 施策の特性などから,年度ごとに達成度合いを記述することが困難な場合には,施策の進捗状況として「想定した以上に順調に進捗」,「おおむね順調に進捗」,「進捗にやや遅れが見られる」,「想定したとおりには進捗していない」の4分類により効果を記述する。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ