ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第11章 新たな時代の文教施設を目指して
第3節  未来を拓く教育研究環境の創造
1  国立大学法人等の施設の充実



(1) 教育研究環境の高度化,活性化に向けて

 我が国の大学などの施設は,高等教育や学術研究の進展に対応し,様々な時代の要請にこたえながら,教育研究と一体的に整備が進められ,これまで大学などの教育研究活動を支える基盤を形成してきました。

 文部科学省では,その基盤を成す大学などの施設が,独創的・先端的な学術研究や創造性豊かな人材養成のための知的創造活動,知的資産継承の場であり,大学施設の整備充実が我が国の未来を拓くものであるとの認識に立ち,積極的な整備充実に取り組んでいます。

{1}国立大学法人等の施設の現状

 国立大学法人等は,現在,約2,500万m2の施設を保有していますが,そのうち,建築後25年以上経過し,一般的に大規模な改修が必要とされる建物が約710万m2となるなど,施設の老朽化や機能劣化が進行しています。さらに,大学改革による大学院の新設や,学部・学科の改組,教育研究内容の変化,学術研究の進展による研究設備の増加や大型化などに伴い,施設の狭隘化が生じています。そのため,国立大学法人等の施設については,老朽化・狭隘化の解消が大きな課題となっています( 図表2-11-3 )。

図表◆2-11-3 国立大学法人等建物経年別保有面積

{2}教育・研究環境の整備充実のための方策

 平成13年3月に閣議決定された第2期科学技術基本計画において,科学技術振興のための基盤の整備として,大学などの施設の老朽化・狭隘化の改善が,国の最重要課題として位置付けられました。これを受けて,文部科学省では,同年4月に「国立大学等施設緊急整備5か年計画」を策定し,国立大学法人等の施設の重点的・計画的整備を実施するとともに,施設の効率的・弾力的利用を目指すシステム改革を行っています。


(2) 「国立大学等施設緊急整備5か年計画」に基づく整備

 「国立大学等施設緊急整備5か年計画」においては,次のような観点から整備対象を明確化しています。平成16年度末には,本計画に基づく整備目標約600万m2のうち約6割が整備される予定です( 図表2-11-4 )。

図表◆2-11-4 重点的・計画的な施設整備の実施状況

{1}優先的整備

(ア)大学院充実等に伴う大学院施設の狭隘解消等(整備目標:122万m2

国際社会で活躍できる豊かな創造性を持った優れた研究者や,社会的要請に的確かつ機動的にこたえる高度専門職業人の養成,独創的・先端的な学術研究の推進など,大学院への期待はますます増大しています。大学院施設については,大学院学生や留学生の急増による狭隘化などの問題が深刻化しており,その改善が強く求められています。

 このため,文部科学省では,大学院施設の整備に重点的に取り組むとともに,整備に当たっては,施設の効果的・効率的な利用を図る観点から,各部局が共有する総合的・複合的な研究棟などの整備を実施しています。 また,施設の老朽化・狭隘化解消などの観点から,新敷地への統合移転による施設整備を進めているものについても,引き続き計画的に整備を実施しています。

▲大学院拡充への対応(神戸大学総合研究棟)

(イ)卓越した研究拠点等(整備目標:37万m2

 我が国が世界に貢献し,国際的な責任を果たしていくためには,卓越した研究拠点に国内外の優秀な研究者や学生を集め,世界水準の学術研究を推進していく必要があり,それにふさわしい魅力ある研究環境を整えることが重要となっています。施設については,老朽化や研究設備の大型化などに伴う狭隘化が大きな課題となっています。

 このため,文部科学省では,特に第2期科学技術基本計画に基づき重点的に推進すべきとされる研究分野,国際共同研究において我が国が大きな役割を担い積極的に取り組んでいる分野,世界的に水準の高い独創的・先端的な基礎研究の分野などに関する研究施設や国立大学と地域との連携や国際学術交流を促進するための関連施設について,重点的な整備を実施しています。

▲卓越した研究拠点の整備(千葉大学創造工学センター)

(ウ)先端医療に対応した大学附属病院(整備目標:50万m2

 国立大学附属病院は,先端医療の分野で大きな役割を果たすとともに,一般の医療機関とは異なる臨床医学の教育研究の場や地域における中核的医療機関としての役割も果たしています。しかしながら,施設の老朽化や機能劣化が進み,近年の医学の進歩に伴う専門化・高度化への対応が困難になるとともに,医療機器の増大,社会の変化に伴う患者数の増加などにより施設は狭隘となり,教育研究活動,医療活動,病院の管理運営に支障を来しています。

 このため,文部科学省では,逐次再開発整備を進めているところであり,引き続き計画的に整備を実施していくこととしています。

▲先端医療に対応した大学付属医院の整備(東京大学医学部附属病院)

{2}老朽化した施設の改善整備(整備目標:388万m2

 老朽化した施設の改善整備に当たっては,昭和45年以前に建てられた施設のうち,耐震性能が著しく劣るものや,教育研究の活性度が高く,施設整備により一層の充実が期待されるものなどの要件を総合的に勘案し,当該施設の改修などの整備を実施しています。

▲老朽化施設の改善整備(上:改修前,下:改修後)(北海道大学理学部8号館)


(3) 「知の拠点」を目指した大学の施設マネジメント

 国立大学法人等が,世界水準の活発な教育研究を展開していくためには,その基礎となる施設について,新たな施設の整備はもとより保有する膨大な既存施設の適切な維持管理や運用管理を行い,機能の維持・向上を図るとともに有効活用を行うことが重要です。

 文部科学省では,このような観点から,有識者による検討会を設置し,平成14年5月に「『知の拠点』を目指した大学の施設マネジメント」の報告書を取りまとめ,国立大学等に,トップダウンによる大学運営の一環として,全学的な視点に立った「施設マネジメント」( 図表2-11-5 )の必要性を示しました。また,15年5月には施設マネジメントの理解と円滑な推進を図るため,学内組織の整備や施設管理システムの構築など先進的な取組に関する事例集を国立大学等に配布しました。

図表◆2-11-5 国立大学等施設の効率的管理と戦略的活用を図る「施設マネジメント」

 さらに,法人化後の国立大学等における施設の管理運営の在り方について,有識者による検討会を開催し,平成15年8月に「知の拠点─大学の戦略的施設マネジメント」の報告書を取りまとめました。同報告書では,施設マネジメントを導入する際の基本的視点や,目標としての施設水準に関する基本的な考え方,具体的な実施方策などを提示しています。また,16年3月に,施設マネジメントに対する意識の向上を図るため,同報告書を基に,学生や教職員などを対象としたパンフレットを作成し,国立大学等に配布しました。

 平成16年11月には,施設マネジメントの重要な目標の一つとして,ライフサイクルコストの縮減や温室効果ガスの削減を推進するため,有識者による検討会を開催し,省エネルギー手法などについて,幅広く検討を行っています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ