ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第11章 新たな時代の文教施設を目指して
第2節  文教施設における安全・安心の確保
3  文教施設の室内環境対策


 文部科学省では,児童生徒が健康で快適に学校生活を送れるよう,室内空気汚染対策などの環境対策を推進しています。

 具体的には,近年,建築材料などから発散する化学物質による室内空気汚染などに起因する健康への影響(いわゆる「シックハウス症候群」)が問題となっており,学校においても対策が求められています(参照: 第1部第1章第2節2 )。文部科学省では,平成14年2月に学校施設を整備する際の主な対策のポイントをまとめたパンフレットを作成し,各都道府県教育委員会などへ配布しました。また,15年8月に学校施設整備指針の改訂を行い,化学物質濃度が基準値以下であることを確認した上で建物の引渡しを受けるなどの対策を盛り込んでいます。さらに,16年6月に学校施設の換気設備計画についての報告書を配布しました。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ