ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第10章 高度情報通信ネットワーク社会における新たな展開
第3節  科学技術・学術,スポーツ,文化における情報化の推進
1  次世代の知を生み出す研究開発及び基盤整備の推進


 情報通信分野における研究開発の進展は,情報通信産業やハイテク産業など知識集約的な産業の創出・拡大や,ものづくり技術の新たな展開など既存産業の革新のために重要なものです。また,産業のみならず日常生活までの幅広い社会経済活動に大きな変革をもたらすもので,国民が安心して安全な生活を送るための重要な基盤となりつつあります。このため,文部科学省においては,情報通信分野における創造性あふれる研究開発の推進や,科学技術・学術研究分野の情報化に取り組んでいるところです。


(1) 情報通信分野における創造性あふれる研究開発の推進

 ユビキタス *1 社会の中で,人々が専門的な知識や技術を継続的に学習できる環境を実現するため,教育,文化・芸術分野の現場に適用することを目的としたデジタル・アーカイブ化 *2 に必要なソフトウェア技術基盤を構築することを目指した「知的資産の電子的な保存・活用を支援するソフトウェア技術基盤の構築」の研究開発を開始しています。さらに,大学などで実用化が期待できる情報通信技術などについて,プロジェクト研究として推進する「世界最先端IT国家実現重点研究開発プロジェクト」において,「次世代モバイルインターネット端末の開発」,「超小型大容量ハードディスクの開発」,「高機能・超低消費電力メモリの開発」などに取り組んでいます。また世界最高水準の高度情報通信システム形成のための鍵となるソフトウェア開発を実現させ,社会の基盤となるソフトウェアの研究開発と研究者養成を一体的に推進する「e-Society基盤ソフトウェアの総合開発」などを推進しています。


(2) 科学技術・学術研究分野の情報化

 大学・研究機関を接続する学術情報ネットワーク(SINET)の整備や,先端的研究機関を10Gbpsの回線で接続する世界最速の研究ネットワーク「スーパーSINET」の拡充を推進しています。また,分散した高性能コンピュータを高速ネットワークで結び,100テラフロップス級(1秒間に100兆回)の計算処理能力を持つ世界最高水準の高速グリッド・コンピューティング *3 環境の構築などを目指す「超高速コンピュータ網形成プロジェクト(ナショナル・リサーチグリッド・イニシアティブ)」などの広範な研究開発分野のための基盤技術の研究開発を推進します。

 さらに,情報・システム研究機構国立情報学研究所において,大学などから発信される多様な研究情報から必要な情報を効果的に検索することを可能とする「学術コンテンツポータルシステム」を整備しています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ