ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第9章 国際交流・強力の充実に向けて
第6節 国際文化交流を通じた日本文化の振興と国際協力への取組
1 日本文化の発信による国際文化交流の推進



(1) 文化庁文化交流使事業

{1}文化庁文化交流使事業

 文化庁文化交流使事業は,芸術家,文化人等,文化に携わる人々に,一定期間「文化交流使」として世界の人々の日本文化への理解の深化や,日本と外国の文化人のネットワークの形成・強化につながる活動を展開してもらうことを目的として,平成15年度から始めた事業です。

 「文化交流使」の活動には,(1)日本在住の芸術家,文化人が海外に一定期間滞在し,日本の文化に関する講演,講習や実演などを行う「海外派遣型」,(2)海外在住の日本文化に深い知見を持つ芸術家,文化人が,講演,講習,現地メディアへの投稿,出演等を行う「現地滞在者型」,(3)公演等で来日する諸外国の著名な芸術家が,日本滞在期間を利用して学校などを訪問して実演・講演等を行う「来日芸術家型」の三つの類型があります。

 平成16年度は,「海外派遣型」文化交流使として11名,「現地滞在型」文化交流使として4名,「来日芸術家型」文化交流使として4組の指名を行いました。重要無形文化財保持者,写真家や音楽家など様々な分野で活躍中の方々の活動を通じて,日本文化のこれまで紹介されていなかった一面や,日本文化になじみの薄かった国や地域での日本文化の紹介などの活動を行っています。

図表◆2-9-15 平成16年度文化交流使一覧

{2}文化庁文化交流使活動報告会

 平成15年度に文化庁文化交流使として海外で活動した人々による報告会を,東京国立博物館平成館大講堂にて開催しました。

 笑福亭鶴かく笑しょう氏(落語家),田中千世子氏(映画評論家),バロン吉本氏(漫画家),三浦尚之氏(福島学院大学教授),渡辺洋一氏(和太鼓奏者)の5名が活動報告を行うとともに,国際文化交流について討論し,さらに笑福亭鶴かく笑しょう氏によるパペット落語(笑福亭鶴笑氏が自ら考案した落語形式で,足や膝につけた人形を操りながら演じる。)の実演が行われました。

笑福亭鶴笑氏によるパペット落語の実演


(2) 国際文化フォーラムの開催

「国際文化フォーラム」は,国際的に著名な国内外の芸術家・文化人などを招しょう聘へいし,座談会,講演などの形式により,世界の文化芸術の最新の諸相や動向について語り合ってもらうことを目的として,平成15年度から開始した事業です。

 平成16年度も15年度に引き続き,11月に関西地区で,「文化の多様性」の共通テ−マの下に,「国際情勢における『文化の多様性』の意義」,「シルクロードと仏教文化」などについて話し合い,世界に向け,文化のメッセージを強く発信しました。

図表◆2-9-16 平成16年度国際文化フォーラム行事


(3) 国際芸術見本市

 舞台芸術のブース設置や実演を行うことにより,国内外の劇場関係者に,我が国の新進の舞台芸術作品などを紹介する国際芸術見本市を,平成16年8月に東京芸術劇場にて開催しました。文化庁から国際舞台芸術交流センターへ委任を行い,実演デモンストレーション(ショーケース *1 )を制作しました。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ