ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第8章 心豊かで元気のある社会を実現するための「文化力」の向上
第7節 国立文化施設の整備
3 国立美術館・博物館


 我が国を代表する文化施設である国立美術館(東京国立近代美術館・京都国立近代美術館・国立西洋美術館・国立国際美術館)と国立博物館(東京国立博物館・京都国立博物館・奈良国立博物館)は,国民に親しまれる美術館・博物館を目指し,優れた美術作品などの収集・保管,展覧会事業,調査研究,教育普及などの事業を行っています。

 平成16年度は,これらの事業の充実を図るとともに,特に展覧会事業については,常設展のほか,国立美術館(4館)にあっては「琳派RIMPA展(東京国立近代美術館)」,「マティス展(国立西洋美術館)」など27回の企画展を,国立博物館(3館)にあっては「国宝鑑真和上像と盧舎那仏展(東京国立博物館)」,「第56回正倉院展(奈良国立博物館)」など11回の企画展を実施しています。

 平成13年4月,国立美術館(4館)が統合し独立行政法人国立美術館が,国立博物館(3館)が統合し独立行政法人国立博物館が発足しました。独立行政法人化以降は,より柔軟な運営が可能となったため,展覧会だけでなくコンサートやファッションショーなどの様々なイベントも行われています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ