ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第7章 科学技術システムの改革
第6節 国民の科学技術に対する理解増進活動の推進
2 科学技術に親しむ機会の提供


 青少年をはじめとする国民の科学技術への関心の喚起・理解の増進を図るためには,全国各地域において科学技術を体験する「場」である科学館活動のみでなく,科学技術理解増進活動を担う「人材の育成」や,科学技術を体験し学習するための「メニュー」を開発し普及を図る取組を推進していく必要があります。また,科学技術に関する情報を適時,効果的に発信していくことも,科学技術に対する関心と理解を深めるためには不可欠です。現在,科学技術に対する関心の喚起,理解の増進に向けた取組が総合的に推進されています。


(1) 地域における科学技術に親しみ,学習する機会の充実

 ロボット技術は,最先端のIT(情報技術)とものづくり技術との融合によるものであり,また,ロボット競技は適度なゲーム性を有することから,青少年をはじめ国民が科学技術を楽しみ,体験し,学習することに適しています。科学技術振興機構では,学校などにおけるロボット競技や実験などにより青少年がものづくりや科学技術を体験し,学習できるメニューの開発を支援するとともに,その普及を図っています。

 また,地域において科学技術に親しみ,学習する機会の充実を図るためには,全国各地において実験教室の指導等に携わるボランティア等の人材を養成・確保し,その活動を推進する必要があります。科学技術振興機構では,平成15年度より,地域において科学技術理解増進活動に携わるボランティアなどの人材を募集し,その活動の支援を行っています。


(2) 全国各地への科学技術情報の発信

 テレビ放送やインターネットなどのマルチメディア *1 を活用し,科学技術に関するコンテンツ(情報)を提供する手法は,青少年をはじめとする国民一般が高頻度かつ手軽に科学技術を体験できるため,科学技術の理解増進を図るには有効な手段です。このため,科学技術振興機構では,科学技術に関するトピックや興味深い科学実験など,青少年をはじめとする国民一般に科学技術を分かりやすく紹介する番組を制作しています。制作した番組は,国立オリンピック記念青少年総合センターにより「サイエンスチャンネル」として,CS放送,ケーブルテレビなどを通じ全国に配信されており,番組の普及を図るため,インターネットでも提供しています(http://sc-smn.jst.go.jp)。

 また,青少年が科学技術を分かりやすく体験できる「バーチャル科学館」(http://jvsc.jst.go.jp)を,インターネットを通じて広く提供しています。


*1 マルチメディア

 デジタル化された映像・音声・文字データなどを組み合わせた複合メディアのこと。


(3) 各種イベントの開催

 平成16年4月12日〜18日に,試験研究機関,地方公共団体など関連機関の協力を得て「科学技術週間」 *2 を実施しました。同週間中は,各機関において,施設の一般公開や実験工作教室,講演会の開催などの各種行事が全国各地で実施されました。


*2 科学技術週間

 科学技術週間は昭和35(1960)年の閣議了解に基づき設けられたもので,平成16年度は第45回目であった。


(4) 子ども科学技術白書

 児童生徒を対象に,科学技術に対する興味を持つきっかけを与えることを目的として,平成11年度以降,毎年「子ども科学技術白書」を作成しています。16年3月には,「子ども科学技術白書5(ナノテクが世界を変える)」を発行し,全国の各小学校,都道府県教育委員会,都道府県立図書館,科学館などに配布しました。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ