ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第6章 研究開発の戦略的重点化
第3節  宇宙・航空分野の研究・開発及び利用の促進
4  航空分野の研究開発の推進


 明確な実用化を視野に入れた航空科学技術の研究開発を推進し,航空機の開発技術,特に高度なシステム化技術の飛躍を図り,我が国の産業発展の先導的役割を果たし得るよう航空機産業全体の活性化とその発展を促進しています。「航空科学技術に関する研究開発の推進方策について」(平成15年5月科学技術・学術審議会研究計画・評価分科会決定)で示された以下の研究開発を中心に進めています。

{1}航空機の設計・製造の低コスト化や効率化につながる技術
{2}航空機の安全性向上につながる技術
{3}航空機騒音や排出ガスの低減につながる技術
{4}航空事故の防止など航空輸送の安全性向上につながる技術
{5}航空機の運航の効率の向上につながる技術

 また,次世代超音速機技術の研究開発については,平成14年7月の小型超音速実験機(ロケット実験機)の飛行実験失敗後,原因究明・対策を経て,15年度より2回目の飛行実験の準備を進めています。

 成層圏プラットフォーム飛行船の研究開発については,平成15年8月に飛行船の成層圏高度到達に成功しました。さらに,16年5月より11月までの間,高度4kmに滞空させる動力付き無人飛行船による定点滞空飛行試験を実施し,飛行制御,運用,追跡,管制技術の実証に成功するとともに,通信放送及び地球観測技術の実証試験に成功しました(参照: 第2部第6章第2節4(2)(イ)(iv) )。

 そのほかにも,大型計算機上での数値シミュレーションによる設計技術の研究開発,航空機開発に必要な各種風洞などの特殊な試験設備の計画的な整備,関係機関への供用などを引き続き進めていきます。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ