ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第6章 研究開発の戦略的重点化
第1節  基礎研究の推進
2  独創的・先端的研究を推進する研究機関・拠点の整備



(1) 大学共同利用機関・附置研究所等の整備・充実

 大学における独創的・先端的研究は,学部,大学院,研究所,研究施設などに加え,特定の大学に属さず,全国の大学等の研究者が共同で利用し,研究を行う大学共同利用機関を中心に進められています。

 近年における研究手法の高度化や研究プロジェクトの大型化に伴い,多くの研究分野で研究者が共同して研究を進める必要性と有用性が増大しています。このため,大学共同利用機関及び国立大学に附置されている研究所(附置研究所)などの共同利用体制の強化や特色ある基礎研究に必要な研究費の充実を図っています( 図表2-6-7 )。

図表◆2-6-7 我が国の学術研究の中核的研究拠点(大学共同利用機関法人,附置研究所・研究施設)

{1}大学共同利用機関

 大学共同利用機関は,全国の大学等の研究者が共同研究を推進する拠点として,また,特色ある大型の施設・設備や大量の有用な資料・データの共同利用の場として,各分野の発展に大きく貢献するとともに,世界最先端の研究についても国際的な競争と協調の中で推進しています。また,大学教育の一環として,大学院学生の受入れを行うなど,研究と教育を一体的に実施しています。平成16年4月の法人化に伴い,既存の16研究所を4つの機構に再編しました(参照: 第2部第3章第1節 )。各々の機構の役割は以下のとおりです。

(ア)人間文化研究機構

 文化にかかわる基礎的研究及び自然科学との連携も含めた研究領域の開拓に努め,文化の総合的学術研究の世界的拠点を目指しています。地球環境問題の解決に向けて,人文・社会科学から自然科学までの幅広い研究分野を総合化するプロジェクトを国内外の研究機関と連携し推進する「総合地球環境学研究所」など,5つの研究所があります(参照: 第2部第6章第2節4(2){1}(ア)(2

(イ)自然科学研究機構

 自然科学研究の拠点として,自然探求における新たな研究領域の開拓,育成等の積極的な推進を目的としています。ハワイ島マウナケア山頂の「すばる望遠鏡」(参照: 第2部第6章第3節5 )や,国内各地の観測施設を運営し,天文学に関する観測的,理論的研究を実施する「国立天文台」など,5つの研究所があります。

(ウ)高エネルギー加速器研究機構

 高エネルギー加速器に関する開発研究等を行い,素粒子から生命体にわたる広範な実験・理論研究を展開することを目的としています。物質の究極の構造と相互作用を理論的,実験的に解明することを目的とする「素粒子原子核研究所」など,2つの研究所があります。現在推進しているBファクトリー計画では,宇宙創生時に同数あったとされる物質と反物質が,現在の物質のみの世界へと変化した原因の解明を目指しています(参照: 第2部第6章第4節4(1))

(エ)情報・システム研究機構

 情報とシステムの観点から分野を超えた総合的な研究を推進し,新たな研究パラダイムの構築と新分野の開拓を目的としています。情報学研究と情報基盤整備事業(全国の大学等を結ぶ学術情報ネットワークや各種学術情報データベース(参照: 第2部第7章第4節 )を一体的に推進する「国立情報学研究所」など,4つの研究所があります。

{2}附置研究所

 附置研究所は,特定の専門分野の研究に専念し継続性をもって長期的に研究を進める組織であり,学問の動向や社会の変化に対応しながら高い研究水準を維持しています。また,学部・大学院における教育研究との連携の下で,優れた若手研究者の養成にも貢献しています。国立大学法人には,平成16年度現在,59の附置研究所(うち19は全国共同利用型の研究所)が設置されています。主な研究所としては,以下のものがあります。

(ア)東京大学宇宙線研究所

 2002(平成14)年には小柴昌俊東京大学名誉教授がニュートリノ *1 天文学でノーベル物理学賞を受賞しましたが,その実験装置カミオカンデの後継装置である「スーパーカミオカンデ」により,ニュートリノの質量をニュートリノ振動と呼ばれる現象を用いて観測しています。平成10年6月には,ニュートリノが質量を持つという,物理学の定説を覆す成果を発表しました。また,高エネルギー加速器研究機構と共同でニュートリノ振動実験を行っており,その実験結果からも質量の存在を裏付ける成果として,16年6月にニュートリノ振動が起きている確率は「99.99%」であることを発表しました。

(イ)新潟大学脳研究所

 ヒトの脳の働きを正確に理解するために,座った状態で画像解析を行う縦型MRI *2 装置を世界で初めて導入しており,今後大きな成果が期待できます。また,高い情報処理能力を持つ高次の脳機能を解明するため,全人類共通の言語である音楽の処理過程をMRIを用いて解析する研究に取り組んでおり,こころの科学的解明につながる研究として注目されています。

{3}研究施設

 国立大学には,学部や研究科において,特定目的の研究を推進する研究施設や,学内の共同利用に供するために学部等から独立した研究施設,さらには大学の枠を超えて全国の研究者の共同利用に供する全国共同利用施設が設置されています。主な研究施設としては,以下のものがあります。

(ア)岡山大学固体地球研究センター

 全国共同利用施設として,地球深部の状態を再現する超高圧・高温実験,極微小試料に含まれる物質の組成や特性に関する解析の共同研究プロジェクト等を通して,地球や太陽系における化学・物理的な進化の解明の研究を行っています。今後は,これまでの成果をより発展させ,最先端の地球・惑星物質科学に関する国際共同研究を展開することとしています。

(イ)佐賀大学海洋エネルギー研究センター

 環境負荷の少ないエネルギー供給源の確保に貢献するため,クリーンで再生可能な海洋エネルギー利用技術開発を行っています。海洋温度差発電システムの実用化の研究を進めると同時に,海水の淡水化や水素製造などシステムの複合的利用のための技術構築を推進しています。今後は,海の運動エネルギーを利用する波力発電や干満の差で得られる位置エネルギーを利用した潮力発電の研究にも取り組むことになっています。また,国立大学法人化後は自由な組織再編が可能になり,大学が地域・社会からの要請や大学の個性に応じて,より自由な研究展開を行えるようになりました。平成16年度に新たに設置された研究施設の例として,以下のものがあります。

(ウ)名古屋大学エコトピア科学研究機構

 地球環境負荷を低減した環境調和型社会の実現をテーマに,材料,エネルギー,環境,情報等各分野の既存の研究施設を再編・統合して,部局横断型研究組織として設置されており,持続可能な社会を現実化するための斬新な研究が積極的に展開されるものと期待されます。

(エ)広島大学産学連携センター

 外部との関係において重要な役割を持つ既存の地域共同研究センター,ベンチャービジネスラボラトリー及びインキュベーションセンターを統合して,「産学連携センター」として設置し体制を強化するとともに,窓口機能の一元化と機能的運営を図ろうとするものです。同様の取組が他の大学においても見られます。


*1 ニュートリノ

 物質を形づくる分子,原子よりも小さい最小単位の粒子。


*2 MRI

 人体の細胞が持つ磁気を核磁気共鳴の物理現象を利用して検出し,その情報をコンピュータにより画像化することにより,生体に害を与えずに人体の断層撮影や含有物質の同定を行う方法。


(2) 世界にも通用する戦略的研究拠点の育成

 基礎研究をはじめとする研究活動を一層活性化するためには,研究者が創造性を最大限に発揮できるように,柔軟かつ競争的で開かれた研究開発環境を実現するとともに,広く国内外の研究者を惹き付けることができる魅力的な研究開発環境を有する国際的研究開発拠点を育成することが重要です。

 このため,平成5〜9年度に,科学技術振興調整費プログラム「中核的研究拠点(COE)育成」により,国立試験研究機関における特定の研究領域の水準を世界最高にまで引き上げることを目的として,世界の優れた研究者が集まる研究環境を整備しつつ,優れた研究成果を世界に発信する研究拠点を育成するため,具体的構想を持った10の機関が育成対象機関として選定されました。

 また,平成13年度からは,科学技術振興調整費を活用したプログラム「戦略的研究拠点育成」により,組織の長の優れた構想とリーダーシップを発揮しながら,自己努力を含む具体的な組織運営構想(5年計画)をもって組織改革を進め,国際的に魅力ある卓越した研究拠点を目指す研究機関の育成を図る取組を支援しています( 図表2-6-8 )。

図表◆2-6-8 戦略的研究拠点育成対象機関


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ