ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第4章 私立学校の振興のために
第2節  私立学校に対する助成
1  私立学校等に対する助成



(1) 経常費に対する補助

 文部科学省は,私立の大学,短期大学,高等専門学校における教育研究に必要な経常的経費(教職員の給与費,教育研究費など)について補助を行っています。この補助には,大きく分けて「一般補助」,「特別補助」,「私立大学教育研究高度化推進特別補助」があります。

 「一般補助」は,教職員の給与費や基盤的な教育研究経費,教職員福利厚生費,厚生補導費などを対象としており,効果的・効率的な配分を行う観点から,{1}学生定員の管理状況,{2}専任教員一人当たりの学生数,{3}学生納付金の教育研究経費への還元状況などの客観的な指標に基づき,教育研究条件の整備状況に応じて配分額を調整する傾斜配分をしています。

 「特別補助」は,社会人の受入れや学習機会の多様化に関する経費など,社会的要請の強い特色ある教育研究に関する経費について補助するものです。

 「私立大学教育研究高度化推進特別補助」は,世界水準の優れた大学づくりを目指す観点から平成14年度に創設されたもので,特に予算の充実を図っているところです。16年度には,法科大学院に対する支援経費を創設するとともに,引き続き{1}優れた研究を実践する卓越した大学院への支援,{2}先端的・先導的学術研究の推進,{3}学部における教育の質の向上や教育システムの改善,{4}教育研究の高度情報化の推進など,意欲と可能性に富んだ私立大学への重点的支援を行い,私立大学における教育・学術研究の飛躍的向上を図っています。なお,本補助は,競争的な配分を重視する観点から,外部の学識経験者等から成る委員会における審査を経た上で配分しています。平成16年度は,これら三つを合わせた「私立大学等経常費補助金」について,前年度予算額に比べ45億円増額の3,262億5,000万円を計上しています( 図2-4-1 )。

図表◆2-4-1 私立大学等経常費補助金の推移


(2) 施設・設備等の整備に対する補助

 文部科学省では,私立大学などに対する施設・設備などの整備について,{1}研究基盤の整備と研究機能の高度化を推進するため,優れた研究プロ ジェクトに対する重点的かつ総合的な補助を行う私立大学学術研究高度化推進事業」,{2}高度情報化に対応したマルチメディア *1 施設や学内LAN(学内ネットワーク),パソコンなどの情報通信環境を整備するために必要な補助,{3}校舎などの耐震補強工事やバリアフリー化 *2 工事などに対する補助を実施しており,平成16年度予算では,合わせて約225億7,000万円を計上しています。このうち,{1},{2}に係る補助金の配分に当たっては,外部の学識経験者から成る委員会において審査・選定を行っています。

▲IT学習の風景


*1 マルチメディア

 デジタル化された映像・音声・文字データなどを組み合わせた複合メディア(媒体)のこと。


*2 バリアフリー化

障害のある人が社会生活をしていく上で障壁(バリア)となるものを除去するということ(障害者基本計画(平成14年12月24日閣議決定)より)。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ