ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第3章 高等教育の多様な発展のために
第2節  高等教育の更なる発展に向けて
3  医療人の育成


 高齢化による疾病構造の変化,患者のニーズの多様化,生命科学や医療技術の急速な進歩などを背景として,国民の期待にこたえる「良き医療人」の育成が一層重要となっています。文部科学省としても,医療人の養成を担う各大学と協力しながら,様々な改革を進めています。


(1) 医学・歯学・薬学教育の改革の推進について

{1}医学・歯学教育の改革

 医師・歯科医師については,人間性豊かで高度な臨床能力を持ち,患者中心の医療を実践できる医療人の育成に大きな期待が寄せられています。現在,各大学においては,医学生・歯学生が卒業までに学んでおくべき態度,技能,知識に関する教育内容を精選して作成された「モデル・コア・カリキュラム」に基づくカリキュラム改革や診療参加型臨床実習の充実など,積極的な教育改革が進められています。

 さらに,通常5・6年次に行われる臨床実習の開始前の段階で,病院や診療所など臨床の現場で実習を行えるだけの態度,技能,知識を学生が備えているかを適切に評価するための共用試験が,ほぼすべての医科大学(医学部)歯科大学(歯学部)の参加によって実施されています。共用試験には,コンピュータを用いた知識・問題解決能力を評価する試験(Computer Based Testing:CBT)と患者役のボランティアの協力を得て,診察技能や態度を評価する試験(Objective Structured Clinical Examination:OSCE)が用いられています。現在,3度のトライアル(試行試験)が終了し,平成17年度から正式実施される予定です。

 文部科学省では,これらの改革を推進することを通じて,21世紀の医療を担う良き医師・歯科医師が輩出されることを期待しており,各種の支援を行っているところです。

{2}薬学教育の改善・充実 

 薬剤師養成のための薬学教育について,学部段階の修業年限が4年から6年に延長となる新制度が平成18年4月から実施されます(参照:トピックス4)。

 文部科学省では,新制度の実施に向け,大学に対して適切な情報提供をすると同時に,高等学校や将来薬学の道に進むことを志す高校生等に対しても,この制度改正の趣旨を周知していきます。また,6年制の薬学教育の実施に当たっては,中央教育審議会において提言された,実務実習の実施体制の整備,実務実習前の共用試験の実施及び第三者評価システムの整備についても大きな課題であり,関係者と協力して取り組んでいくこととしています。


* 技術者教育プログラムの認定制度

 大学など高等教育機関における技術者教育の内容を外部機関が審査し,一定の水準を確保している教育プログラムを認定する制度。


(2) 地域医療について

 へき地を含む地域における医師不足が社会的に大きな問題となっています。このため,文部科学省では,厚生労働省,総務省と連携して,「地域医療に関する関係省庁連絡会議」(平成15年11月)を設け,へき地を含む地域における医師確保対策やそのための医師養成の在り方などについて検討を行い,16年2月に当面の取組及び今後の検討課題について取りまとめました。

 文部科学省では,地域における医療対策協議会の開催を促進するとともに,大学における医師紹介システムの明確化・決定プロセスの透明性の確保,大学の医師養成過程における地域医療に関する教育の充実,遠隔医療によるへき地医療支援などの諸施策を進めていきます。

 また,医学部に地元出身者のための入学者枠を設けることは,医師確保問題の有効な対応策の一つであると考えており,各大学における検討を促しています。


(3) 卒後臨床研修について

 従来の医師の卒後臨床研修が特定の診療科に偏ったものになりがちであったことへの反省の下で,患者を全人的に診ることができる基本的・総合的な診療能力の修得を目的として,平成16年度から,卒業後2年間以上の医師臨床研修が必修化されました。

 また,歯科医師については,平成18年度から卒後1年間以上の歯科医師臨床研修が必修化されることになっており,厚生労働省の医道審議会歯科医師臨床研修検討部会において,受入施設の確保方策や研修医の処遇等について検討がなされました。

 文部科学省では,今回の必修化が,優れた医師・歯科医師の養成にとってより良いシステムとなるよう,厚生労働省と十分連携しながら,制度の円滑な実施に努めていきます。


(4) 看護師等医療技術者の育成について

 看護師等医療技術者の養成に関しては,資質の高い医療技術者や,教育者,研究者の養成を目的として大学・大学院が設置されてきています。文部科学省では,看護系大学が急激に増加したことを踏まえて,平成15年7月に「看護学教育の在り方に関する検討会」を発足させ,16年3月に「看護実践能力育成の充実に向けた大学卒業時の到達目標」と題した報告書を取りまとめました。現在,本報告の提言を受け,各大学における看護学教育の改善・充実を推進しています。

 また,教育内容や臨地実習指導者の充実を図る観点からワークショップ(研究集会や講習会)等を開催しています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ