ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第3章 高等教育の多様な発展のために
第2節  高等教育の更なる発展に向けて
2  理工系人材の養成


 我が国が「科学技術創造立国」を目指し,発展していくためには,今後さらに先導性・独創性を発揮し,国際社会に貢献していくことが期待されており,このような我が国の科学技術を支える理工系人材として,倫理観を備え,創造性豊かな質の高い人材の育成が強く求められています。

 また,平成11年3月に成立した「ものづくり基盤技術振興基本法」や,12年9月に策定された「ものづくり基盤技術基本計画」においても,大学などにおけるものづくりを担う人材の育成などが求められており,産業界との連携も図りつつ,学生自身の創意工夫を生かした実践的な教育を進めていく必要があります。

 さらに,若者をはじめとして,社会全体の科学技術に対する関心を高め,理解を増進させていくことも重要です。

 各大学においては,近年の急速な技術革新,産業構造の変化に対応して学科の改組再編や,大学院研究科専攻(例えば,新たに平成16年度に国立大学の理工系の大学院については,4大学で8研究科)の設置を行っています。また,日本技術者教育認定機構(JABEE)が大学・高等専門学校などにおける技術者教育の質的向上や技術者教育の国際的な通用性・共通性を担保する観点から行っている,技術者教育プログラムの認定制度 を利用する大学・高等専門学校が増えています。15年度には新たに67のプログラムが認定され,これまでに102のプログラムが認定されています。なお,文部科学省でも,理工系学部などにおける実験実習設備の高度化・現代化や産学連携教育に取り組む優れた大学に対し支援を行っています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ