ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第2章 初等中等教育の一層の充実について
第2節  暴力行為,いじめ,不登校等の解決を目指して
4  高等学校中途退学


 平成15年度の公・私立高等学校における中途退学者数は8万1,799人であり,また,在籍者に占める中途退学者の割合(中退率)は2.2%となっており,共に3年連続で減少しています。中途退学の理由は,「学校生活・学業不適応」が37.5%で最も多く,次いで「進路変更」が35.3%となっています( 図表2-2-8 )。

 高等学校中途退学問題については,平成15年度から実施されている新高等学校学習指導要領の下で,各高等学校において,生徒の能力・適性・興味・関心などに応じて魅力ある教育活動を展開するとともに,一層きめ細かな教育相談,ガイダンスを実施することなどが重要です。また,就職や他の学校への転・編入学など積極的な進路変更については,これを支援していくことも大切です。

図表◆2-2-8 公・私立高等学校における中途退学者数の推移


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ