ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第2章 初等中等教育の一層の充実について
第1節  「確かな学力」と「豊かな心」を育成し,「生きる力」をはぐくむ学校教育を目指して
1  新学習指導要領のねらいの実現に向けて



(1) 子どもたちの学力の現状

 子どもたちに確かな学力や豊かな心を育てたい。こうした願いを実現するために,各学校においても,教育内容や教育方法の充実改善が積極的に進められています。習熟度別指導など個に応じた指導も多くの学校で取り入れられてきています。

 一方,国立教育政策研究所が実施した国内調査の結果によると,子どもたちの学力の状況は,一部の教科や領域によっては,学習指導要領の目標や内容に照らして必ずしも十分とはいえない部分も見られます。

 また,平成16年12月に公表された二つの国際調査の結果によると,我が国の成績は,全体として,国際的に上位にあります。しかしながら,読解力が低下傾向にあるなど,世界のトップレベルとはいえない状況です。さらに,これらの調査からは,子どもたちの授業を受ける姿勢などには良い点が認められるものの,学習意欲や学習習慣には課題があることも示されています。

生徒の学習到達度調査(PISA)(経済協力開発機構(OECD)実施)2003年


(2) 新学習指導要領のねらい

{1}新学習指導要領について

 平成14年4月から全国の小・中・高等学校において順次実施されている新学習指導要領は,完全学校週5日制の下,各学校が「特色ある教育」を展開し,子どもたちに基礎的・基本的な内容を身に付けさせ,自ら学び自ら考える力などの「生きる力」をはぐくむことをねらいとしています。この新学習指導要領の特色は以下のとおりです。

(ア)教育内容の厳選

 教育内容を厳選することにより生じた時間的・精神的な余裕(ゆとり)を活用し,子ども一人一人の理解や習熟の程度等に応じたきめ細かな指導や,観察・実験,調査・研究,発表・討論などの体験的・問題解決的な学習を行い,基礎・基本の確実な定着を図るとともに,学ぶ意欲や思考力,判断力,表現力等を育成します。

(イ)選択学習の幅の拡大

 中・高等学校では,選択学習の幅を拡大し,生徒の興味・関心,能力・適性,進路希望等に応じて,各分野について深く高度に学べるようにし,個性の一層の伸長を図ります。

(ウ)学習指導要領の「基準性」 *2

 共通に指導すべき教育内容の厳選と選択の幅の拡大により,学習指導要領の「基準性」が一層明確になっており,各学校の判断により,児童生徒の理解の状況等に応じた指導が一層可能になっています。

(エ)個に応じた指導の充実

 学習指導要領に示す内容が十分身に付いていない子どもには,繰り返し指導などにより,基礎・基本を確実に習得できるようにするとともに,既に十分習得できている子どもには,習った内容についての理解をより深めたり,更に進んだ内容について学んだりすることを可能とするなどの,個に応じた指導の充実を目指しています。

 学習指導要領に明示されている共通に指導すべき内容を確実に指導した上で,子どもの実態を踏まえ,明示されていない内容を加えて指導することもできるという性格。

(オ)「総合的な学習の時間」

(1)で述べた子どもの現状を踏まえ,「総合的な学習の時間」では,国際理解,情報,環境,福祉・健康等の教科横断的・総合的な課題などについて,自然体験や社会体験などの体験的な学習,問題解決的な学習を行い,子どもたちに,(i)体験を通じて,学校等で学んだ知識の定着,(2)知識や技能を相互に関連付け,総合的に働くようにする「知の総合化」,(3)思考力,判断力,表現力,問題解決能力等の育成,(iv)調べ方やまとめ方,発表の仕方等を身に付けさせること等を目指しています。この時間は,各学校が独自に教育目標・内容を設定し,創意工夫を生かした学習活動を実施するところに特色があります。

{2}目標に準拠した評価の重視

 新学習指導要領の下での評価については,子ども一人一人の学習状況を適切に評価し,それを次の指導の改善に生かす観点から,学習指導要領に示す目標に照らしてどの程度の力が身に付いているかを見る評価(いわゆる絶対評価)を重視して実施しています。


*1 設定通過率

 学習指導要領の内容について標準的に学習活動が行われたと想定した場合の,正答又は準正答の割合。


*2 学習指導要領の「基準性」

(3) 学習指導要領の一部改正

平成15年10月に,中央教育審議会は「初等中等教育における当面の教育課程及び指導の充実・改善方策について」文部科学大臣に答申を行いました。文部科学省では,この答申を踏まえ,「確かな学力」を育成し,「生きる力」をはぐくむという新学習指導要領の更なる定着を進め,そのねらいの一層の実現を図るために,15年12月に学習指導要領の一部改正を行いました。一部改正の主な内容は以下のとおりです。

【学習指導要領の一部改正等のポイント】

 なお,この一部改正は,従前の記述ぶりが十分に理解されていなかったり誤解を招いたりしていることなどを踏まえ,これを分かりやすい形に改めることによって,その本来の趣旨の理解を図ろうとするものです。文部科学省では,校長,教員をはじめとする教育関係者やPTAなど保護者等に対し,各種会議やインターネット,その他様々な方法によって一部改正の趣旨を周知し,理解を図っているところです。各学校においては,改訂の趣旨を踏まえた取組の充実が求められています。


(4) 新学習指導要領のねらいの実現のための施策

 文部科学省では,各学校や教育委員会における取組を支援する観点から,平成16年度において,以下のような施策を総合的に実施しています( 図表2-2-2 )。

図表◆2-2-2 「確かな学力」を飛躍的に向上させるための総合的施策

(ア)学力向上アクションプラン

 文部科学省では,「確かな学力」の向上に向けた取組を支援するため,{1}個に応じた指導の充実,{2}学習意欲や学びの質の向上,{3}個性・能力の伸長,{4}英語力・国語力の増進などの柱からなる総合的な施策を推進しています。

 「個に応じた指導の充実」に関する主な施策としては,教員志望者・教員経験者等の意欲・情熱を持った地域の人材を活用し,放課後などを利用して,補充学習や学習方法・学習習慣の支援・助言などの児童生徒へのきめ細かな学習支援・相談に応じる「学力向上支援事業」や,拠点校における習熟度別指導などの実践研究の成果を全国の学校に普及させる「学力向上フロンティア推進事業」などを行っています。

 また,「学習意欲や学びの質の向上」を図る観点からは,学校種間の連携やNPOなどとの連携などに取り組むモデル地域の指定などを柱とする「『総合的な学習の時間』推進事業」や,学ぶことの楽しさを伝えることに長けた外部人材を学校に派遣し,授業や講演会等を実施する「『その道の達人』派遣事業」,学校の教科等において培った様々な力を競い高め合う全国的規模の大会に対して支援を行う「学びんピック」(http://manabinpick.mext.go.jp)などを行っています。

 さらに,「個性・能力の伸長」を図る観点からは,理科,数学,英語など特定の分野における卓越した人材の育成に資する研究開発を行う「スーパーサイエンスハイスクール」や「スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール」を拡充するほか,「英語力・国語力の向上」を図る観点から,すべての知的活動の基盤となる国語力の向上のためモデル地域を指定するなどしています。

(イ)教育の質を確保するための条件整備

 各学校において「確かな学力」を向上させるための取組を行うためには,各種の条件整備も重要です。そのため,平成13年度より5か年計画で教職員定数改善を講じているほか,学校外の優秀な人材の協力を得るための「特別非常勤講師制度」や「学校いきいきプラン」,教職員を対象とした研修事業などを行っています。


* 学力向上アクションプラン

「確かな学力」向上を企図した複数の事実をまとめて,総合的に実施している施策群の意。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ