ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第1章 生涯学習社会の実現へ
第7節  多様な学習機会の充実
3  高等教育における学習機会の拡大


 「人々が,生涯のいつでも,自由に学習機会を選択して学ぶことができ,その成果が適切に評価される」ような生涯学習社会を構築するためには,高度で体系的かつ継続的な学習機会の提供者として,大学などの高等教育機関が重要な役割を果たすことが期待されています。

 このため,各大学においては,広く社会に開かれた高等教育を目指し,社会人特別選抜,夜間部・昼夜開講制,科目等履修生,通信教育,公開講座などを実施しています。特に,公開講座は,大学における教育・研究の成果を直接社会に開放し,地域住民などに高度な学習機会を提供するものです。開講される講座数や受講者数は年々増加傾向にあり,平成14年度には,国公私立を合わせて約1万9,000講座が開設され,約89万人が受講しています。開設されている講座内容について見ると,教育や法律といった専門・職業に関する講座や語学に関する講座・小中高生を対象とする講座が増加傾向にあります。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ