ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第1章 生涯学習社会の実現へ
第6節  社会教育の充実・活性化
4  社会教育関係団体の活動の振興


 完全学校週5日制や総合的な学習の時間の実施に伴い,家庭や地域社会における多様な地域活動・体験活動の場や機会の充実を図ることが必要となっ「2004夏休みサイエンススクエア」(国立科学博物館)ています。また,児童生徒の問題行動に対する取組など学校だけでは解決できない様々な課題から,学校・家庭・地域社会の連携による地域全体で子どもを育てる取組が必要となっています。これらのことから,PTAなど,社会教育関係団体の果たす役割がますます重要となってきています。

 文部科学省では,全国規模の社会教育関係団体が行う,研究協議会の実施や事例集の作成など,社会公共的に意義のある事業,例えば,(社)日本PTA全国協議会が実施する有害情報に対する取組や,家庭教育に関する取組などに対して助成を行っています。

 そのほか,全国各地で,積極的な活動を行っているPTAに対し,昭和30年より優良PTA文部科学大臣表彰を行うとともに,昭和48年以来,5年ごとに,PTA活動の振興に寄与した個人を対象とするPTA活動振興功労者表彰を行っています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ