ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第1章 生涯学習社会の実現へ
第5節  環境教育・環境学習の推進
2  環境教育推進のための施策


 学校教育においては,子どもたちが環境について正しい理解を深め,環境を大切にし,環境の保全に配慮した行動が取れるようにするため,小・中・高等学校を通じ,児童生徒の発達段階に応じて,社会科,理科,家庭科などの教科や道徳,特別活動,「総合的な学習の時間」など,学校の教育活動全体を通じて環境教育が行われています。

 平成14年度から順次実施されている学習指導要領においても,各教科などにおける環境にかかわる内容を一層充実するとともに,体験的・問題解決的な学習を重視するなど,環境教育について改善・充実を図っています。

 また,身近な地域の環境問題の学習や,豊かな自然環境の中での様々な体験活動を通じて自然の大切さを学ぶ学習など,様々な取組が進められています。文部科学省では,これらの取組を支援し,環境教育を一層推進するための施策を実施しています。

 具体的には,米国の提唱による「環境のための地球規模の学習及び観測(GLOBE)計画」に参加するモデル校や,学校・家庭・地域社会が一体となって環境教育を推進するモデル地域の指定,環境教育の優れた実践発表や研究協議を行う全国環境学習フェアの開催,環境教育に関し各都道府県で指導的立場に立つ教員を対象とした講習会などを行っています。

 体験活動については,「豊かな体験活動推進事業」を実施し,「体験活動推進地域・推進校」,「地域間交流推進校」,「長期宿泊体験推進校」を指定して他校のモデルとなる自然体験活動等の様々な体験活動を行っています。

 さらに,環境省と連携・協力した取組として,児童生徒,教員及び地域住民,事業者及び行政等がインターネットなどを通じて環境教育に活用できる総合的な情報提供体制の整備を計画的に進めるとともに,環境教育支援教材の開発を進めています。そのほかにも,環境保全活動に取り組む地域の方々や教員を対象に,基本的知識の習得と体験学習を重視した環境教育の基礎講座を開催しています。

 近年,学校施設の整備において,環境を考慮した施設整備が求められています。文部科学省では,環境への負荷の低減を図るとともに,学校ビオトープ での自然観察や太陽光を利用した設備の原理・仕組みなど,環境教育にも活用される,エコスクール(環境を考慮した学校施設)の整備を推進しています(参照: 第2部第11章第1節 )。

 社会教育における環境教育について,文部科学省では,「社会教育活性化21世紀プラン」において,社会教育施設が中核となり,環境保全等の地域における課題を総合的に把握した上で,課題解決を行うモデル事業を実施し,その成果を全国的に普及し啓発しています。また,国立青少年教育施設における青少年の自然体験活動を支援する指導者の養成や国立オリンピック記念青少年総合センターに設置された「子どもゆめ基金」により民間団体が実施する様々な子どもの体験活動等への支援を行うなど,子どもの体験活動を推進しています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ