ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第1章 生涯学習社会の実現へ
第1節  生涯学習の意義と推進体制の整備
1  生涯学習の意義


 「生涯学習」という言葉は,一般には,人々が生涯に行うあらゆる学習,すなわち,学校教育,社会教育,文化活動,スポーツ活動,レクリエーション活動,ボランティア活動,企業内教育,趣味など様々な場や機会において行う学習の意味で用いられるとともに,生涯学習社会を目指そうという考え方・理念自体を表していることもあります。また,「生涯学習社会」とは,平成4年の生涯学習審議会の答申において,「人々が,生涯のいつでも,自由に学習機会を選択して学ぶことができ,その成果が適切に評価される」ような社会であるとされています。

 こうした生涯学習社会の構築が必要な理由としては,これまで次のような点が指摘されてきました。

 第一は,社会・経済の変化に対応するため,人々は絶えず新しい知識や技術の習得を迫られており,これらの学習需要に的確に対応し,生涯学習の基盤を整備することは,学習者自身の技能・経歴の向上のほか,社会制度の基盤である人材育成にもつながり,社会・経済の発展に寄与するということです。

 第二は,自由時間の増大などの社会の成熟化に伴い,心の豊かさや生きがいのための学習需要が増大している中で,これらの学習需要にこたえるための生涯学習の基盤を整備することは,学習者の自己実現のみならず,地域社会の活性化,高齢者の社会参加・青少年の健全育成など,社会全体にとっても有意義であるということです。

 第三は,生涯学習の基盤を整備し,学歴だけでなく様々な「学習の成果」が適切に評価される社会を築いていくことは,これまで進められてきている教育改革の課題の一つである学歴社会の弊害の是正にもつながるということです。

 平成16年3月の中央教育審議会生涯学習分科会の審議経過の報告「今後の生涯学習の振興方策について」においては,上記のような生涯学習社会は,教育・学習に対する個人の需要と社会の要請のバランスを保ち,人間的価値の追求と職業的知識・技術の習得の調和を図りながら,これまでの優れた知識・技術や知恵を継承して,それを生かした新たな創造により,絶えざる発展を目指す社会であるとされています。また,今後重点的に取り組むべき分野として,職業能力の向上,家庭教育への支援,地域の教育力の向上,健康対策等高齢者への対応,地域課題の解決の5つの分野が示されています( 図表2-1-1 )。

 文部科学省では,各都道府県や市町村の教育委員会をはじめ,大学等,関係機関・団体等に対して審議経過の報告を配布するなど,関係者への周知を図るとともに,都道府県等とこれについての意見交換などを行ったところです。

今後の生涯学習の振興方策について(中央教育審議会生涯学習分科会 審議経過の報告のポイント)


* ナショナルミニマム

国民の最低限度の生活水準。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ