ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
序章 教育改革の推進
第2節  教育改革の推進状況
1  教育改革の推進に向けてのこれまでの取組


 大きく変化する社会の中で,今後の教育の在り方については,平成12年3月に内閣総理大臣の下に設置された「教育改革国民会議」において,同年12月に「教育改革国民会議報告―教育を変える17の提案―」が提出されました。この報告では,{1}人間性豊かな日本人を育成する教育を実現する,{2}一人一人の才能を伸ばし,創造性に富んだリーダーを育てる教育制度を実現する,{3}新しい時代にふさわしい学校づくりとそのための支援体制を実現するという三つの視点が重要であると指摘されました。

 文部科学省においては,この教育改革国民会議報告を踏まえ,平成13年1月に「21世紀教育新生プラン」を取りまとめ,教育改革の取組の全体像を提示し,具体的な施策や課題などを明らかにしました。これを受け,必要な予算措置や制度改正を逐次行い,施策の着実な推進を図ってきています。

 また,平成14年8月に,遠山文部科学大臣(当時)が,人材育成の基本的なビジョン(展望)として「人間力戦略ビジョン」を発表し,「画一から自立と創造へ」をスローガンに,新しい時代を切り拓ひらくたくましい日本人を育成するため,施策の推進を図ってきました。

教育改革の進捗状況について


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ