ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   創造的活力に富んだ知識基盤社会を支える高等教育〜高等教育改革の新展開〜
第3章 諸外国のスポーツ青少年行政
第3節 諸外国の青少年行政
2 英国



(1) 青少年育成施策の推進体制

 2001年の省庁再編により発足した教育技能省が学校教育・職業教育・生涯学習を,労働年金省が就労支援・失業プログラム・低所得者への支援を担当しています。さらに,若者が成年期や職業生活にスムーズに移行することを支援するため,教育技能省内に「コネクションズ」と呼ばれる13〜19歳を施策の対象とした組織が設置され,国や関連機関の連携を図っています。


(2) 青少年育成施策の実例:ユースサービス(Youth Service)

 英国では,青少年の健全育成のため,青少年育成に関する専門的資格を有するユースワーカーが,ユースセンター等を活動拠点として,青少年から様々な相談を受けたり,地域活動や職業訓練の紹介を行ったりなどする事業を「ユースサービス」として行っています。運営自体は,地方自治体,民間事業者,ボランティア団体などで,官民で競うように,多様なプログラムの開発が進められ,実施されています。今日では,ほとんどの青少年が「ユースサービス」を利用しています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ