ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   創造的活力に富んだ知識基盤社会を支える高等教育〜高等教育改革の新展開〜
第2章 生涯にわたってスポーツに親しむ社会を目指して
第2節 生涯スポーツ社会の実現に向けて
1 総合型地域スポーツクラブの育成



(1) 地域におけるスポーツ環境の現状と課題

 我が国においては,学校と企業,特に学校が,スポーツの普及や競技者の育成などの様々な役割を担ってきました。このため,学校を卒業するとスポーツに親しむ機会が著しく減少する傾向が見られます。もちろん,学校以外でも,地域や職場を中心としたスポーツクラブ(地域のママさんバレーボールのチームなど)も多く存在しますが,これらのスポーツクラブは性別・年齢・活動種目が限定されているなど,だれもが参加できるとは言い難い状況にあります。

 こうした状況を改善し,生涯スポーツ社会を実現するための方策として,身近な地域において,子どもから高齢者まで様々なスポーツを愛好する人々が,それぞれの興味や目的に応じて参加できる,新たなタイプのスポーツクラブが求められています。


(2) 総合型地域スポーツクラブの全国展開

 そこで,文部科学省では,このような新たなタイプのスポーツクラブとして「総合型地域スポーツクラブ」を提唱し,スポーツ振興基本計画において,その全国展開を,今後,生涯スポーツ社会を実現するため緊急に取り組むべき最重点施策として挙げています。

 総合型地域スポーツクラブとは,

{1}子どもから大人まで,(多世代)
{2}様々なスポーツを愛好する人々が,(多種目)
{3}それぞれの趣向・レベルに合わせて参加できる(多志向)

 という特徴を持ち,地域住民により自主的・主体的に運営されるスポーツクラブです。総合型地域スポーツクラブは,地域住民が日常的にスポーツ活動を行う拠点として,生涯スポーツ社会の実現に寄与することはもとより,地域の子どものスポーツ活動の受け皿としての効果や,スポーツ活動を通じた家族のふれあいや世代間交流による青少年の健全育成,子どもたちの居場所づくりや地域教育力の再生などといった役割も期待されています。

 また,これら総合型地域スポーツクラブが継続的・安定的に運営されるためには,個々の総合型地域スポーツクラブだけでは解決できない課題に対応し,適切な指導・助言を行うなど総合型地域スポーツクラブの活動全般について効率的に支援する機能を有する広域スポーツセンターの育成も必要です。

 スポーツ振興基本計画においては,総合型地域スポーツクラブの全国展開に関して,平成22年までの到達目標を以下のように掲げています。

{1}全国の各市区町村において少なくとも一つは総合型地域スポーツクラブを育成する。
{2}各都道府県において少なくとも一つは広域スポーツセンターを育成する。

 文部科学省では,これまで総合型地域スポーツクラブや広域スポーツセンターの育成のためのモデル事業の実施や,クラブ育成の中心的な役割を担うクラブマネジャーの養成講習会の開催など,各種事業を行ってきました。こうした取組の成果もあって,平成16年7月現在,全国702市区町村において,1,117の総合型地域スポーツクラブが育成されています(文部科学省調べ)。また,16年度からは,全国的な組織基盤を有する(財)日本体育協会を活用することにより,効率的な育成を進める「総合型地域スポーツクラブ育成推進事業」を開始しました。これらの取組を通じて,総合型地域スポーツクラブの全国展開をより一層推進していきます。

コラム5

総合型地域スポーツクラブ,広域スポーツセンターの活動・取組例

{1}山形県鶴つる岡おか市 鶴岡市民健康スポーツクラブ

 山形県では,平成4年に「べにばな国体」が開催され,これを契機に市民の間にスポーツに対する関心が高まりました。なかでも“健康づくりのためにスポーツを実践しよう!”という市民の気運が高まってきました。

 こうした背景から,山形県における最初の総合型地域スポーツクラブとして,平成8年4月に設立されたのが鶴岡市民健康スポーツクラブです。

 スタート時は行政からの支援もあり,1,000名近い会員が集まりましたが,クラブの自主運営に取り組み始めた当初は,会費の値上げにより会員が半減するという事態に陥りました。しかし,活動環境の充実のためアシスタントスタッフを採用し,指導員の理解と協力を得ながら,様々な試行錯誤を繰り返し,現在は再び1,000名近い会員が活動しています。『年齢,性別を問わず,誰だれもが気軽に参加し楽しめる』を基本コンセプトに,「健康スポーツクラブ」にふさわしく,スポーツ経験の少ない人や,しばらくスポーツから遠ざかっていた人,さらには,生活習慣病を予防したい人,腰痛・膝ひざ痛・肩こりで困っている人なども参加しやすいプログラムが多数用意されています。クラブの安定運営のためには,より多くの会員の確保が大切であり,現在,会員の目標を1,500名とし会員の拡大に取り組んでいます。

▲鶴岡市民健康スポーツクラブ

{2} 富山県八尾町 やつおスポーツクラブ

 平成14年2月,八尾町教育委員会が町内スポーツ関係団体の現状把握を行ったところ,{1}スポーツ実施率の低さ,{2}指導者不足,{3}メンバーの固定化・減少などの課題が明らかになりました。さらに,町教育委員会とスポーツ団体が話合いを重ねた結果,こうした課題の解決のために,{1}スポーツに対する意識の改革,{2}参加率の向上,{3}継続性,{4}コミュニティの形成,という四つのキーワードで総合型地域スポーツクラブを設立することとなりました。その後,2年間にわたり40回を超える設立準備委員会・部会の協議を重ね,16年4月,「やつおスポーツクラブ」が設立されました。

▲やつおスポーツクラブ

 しかし,設立当初は「自主運営」「公益性」「受益者負担」である総合型地域スポーツクラブという新しい考え方は町民になかなか定着せず,活動は困難を極めました。このため,各種団体の会合に出向いての説明,スポーツサークルへの個別の加入依頼や,準備委員会主催の行事の企画など,地道な広報活動を続けました。

 こうした活動の結果,設立から半年たった平成16年8月現在,会員数は820名を超え,初年度の目標会員数である700名は達成できました。会員の要望にこたえ,幼児・小学生向けスポーツ教室のメニューを充実させたり,トレーニング教室を新設したりするなど,会員の立場に立ったクラブ運営を進めており,このように会員の声を取り入れていくことで,少しずつ入会者が増えてきています。今後は,スポーツ団体との効果的な連携や,指導スタッフの確保・育成,そして,財源の確保が課題として残されています。

 やつおスポーツクラブが,運動・スポーツを通した健康の保持増進はもちろんのこと,地域コミュニティの活性化に一役を担い,町民にとって親しみの持てる身近な「自分たちのクラブ」として認知されるようになることがこれからの目標です。

{3} 福岡県広域スポーツセンター

 福岡県では平成11年度から3年間,文部科学省の「広域スポーツセンター育成モデル事業」を受託し,総合型地域スポーツクラブの育成支援を行う広域スポーツセンターの組織づくりを実施してきました。

 本県の取組の特色は,人口規模や住民の意識,施設の状況等,スポーツ活動を取り巻く環境に地域差があることを踏まえ,広域圏における様々なスポーツ環境に柔軟に対応できる広域スポーツセンターを目指して,県内5地区に市町村教育委員会を事務局としたスポーツクラブ連絡協議会を設置したことです。また,この協議会を中心として,地域の特色に応じた広域スポーツセンターを設置するとともに,県立スポーツ科学情報センターをこれらの中核として位置付け,各広域スポーツセンター相互のネットワークを形成したことも他に見られない独自の取組です。

 その結果,各広域圏における市町村間の情報交換や28名のクラブマネジャーの活動を通して,地域の実態に応じたきめ細やかな支援を行うことができ,設立クラブや設立に取り組む市町村数は増加しています。

 平成14年度以降は,このような機能を生かし,各地域の実態に応じたクラブ育成支援のための研修会・交流会の開催や,クラブ育成アドバイザーの派遣などの事業を実施してきました。

 さらに,平成16年度からは,これまでの広域スポーツセンターのネットワークに,「総合型地域スポーツクラブ育成推進事業」を実施する(財)福岡県体育協会を加え,県教育委員会も含めた「クラブ育成委員会」を設置しました。これにより,関係機関相互の連携を一層深めることができ,クラブ育成支援活動を分担して実施するなど,より効果的・効率的な事業を展開しています。

総合型地域スポーツクラブ育成委員会(部会)


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ