ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   創造的活力に富んだ知識基盤社会を支える高等教育〜高等教育改革の新展開〜
第1章  子どもの心と体の健やかな発達のために
第5節 健やかに子どもを育て・守るための環境づくり〜家庭を支える取組〜


 家庭教育はすべての教育の出発点であり,子どもが基本的な生活習慣,生活能力,豊かな情操,他人に対する思いやりや善悪の判断などの基本的倫理観,自立心や自制心,社会的なマナーなどを身に付ける上で,重要な役割を担っています。しかし,近年の都市化,核家族化,少子化,地縁的なつながりの希薄化など,家庭や家庭を取り巻く社会状況の変化の中で,家庭の教育力の低下が指摘されています。

 このような中,平成16年3月に,「家庭教育支援のための行政と子育て支援団体との連携の促進について」(「家庭教育支援における行政と子育て支援団体との連携についての調査研究委員会」報告)がまとめられました。本報告では,家庭教育支援上の今日的課題を整理した上で,行政と子育てサークルや子育てネットワーク といった子育て支援団体とが連携した家庭教育支援の取組の必要性を示し,その連携方策について提言しています。文部科学省では本報告などを踏まえ,行政と子育て支援団体等との連携を図りながら,家庭教育に関する学習機会や情報の提供など,家庭教育の支援の充実に取り組んでいます。

▲「家庭教育支援のための行政と子育て支援団体との連携の促進について」


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ