ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   創造的活力に富んだ知識基盤社会を支える高等教育〜高等教育改革の新展開〜
第1章  子どもの心と体の健やかな発達のために
第4節 健やかに子どもを育て・守るための環境づくり〜学校における取組〜
2 学校における道徳教育・体験活動の充実



(1) 道徳教育の充実のための施策

 近年,生命の大切さや他人を思いやる心,善悪の判断などの規範意識や公共心の低下が指摘されています。このような中,子どもたちの豊かな人間性や社会性などをはぐくむために,子どもたちの発達段階に応じた心に響く道徳教育の充実がますます重要になってきています。文部科学省においては,学校における道徳教育の一層の充実を図るため様々な施策を進めています。主なものは次のとおりです。

{1}「心のノート」の作成・配布

 全国の小・中学生に配布している「心のノート」は,道徳の内容を分かりやすく表し,道徳的価値について自ら考えるきっかけとなることをねらいとして作成した,道徳教育のための教材です。「心のノート」は,道徳の時間をはじめ,学校の教育活動の様々な場面で使用したりするとともに,児童生徒が自らページを開いて書き込んだり,家庭において話題にしたりするなど,生活の様々な場面において活用することができるものです。

{2}児童生徒の心に響く道徳教育推進事業など

 地域人材の活用や体験活動を生かした取組の工夫,教材の活用・開発,道徳の授業公開など,学校や教育委員会の創意工夫を生かした児童生徒の心に響く道徳教育を推進するための実践研究を行っています。また,教員の指導力向上のための「道徳教育を推進するための中核となる指導者の養成を目的とした研修」の開催などの取組を進めています。

{3}道徳教育充実のための教員養成学部等との連携研究事業

 平成16年度から,教育委員会と大学の教員養成学部等との連携sにより,児童生徒や学校の実態に応じた道徳教育の効果的な指導方法や教材の開発等,道徳教育充実のための課題に焦点を当てる研究を行っています。

{4}「心のせんせい」の配置(特別非常勤講師配置事業費補助(道徳教育))

 地域の人材や多様な専門分野の優れた社会人を「心のせんせい」として学校に配置するために必要な経費を補助し,児童生徒の心に響く道徳の授業を推進しています。


(2) 体験活動の推進についての施策

 近年,都市化や少子化,地域社会における人間関係の希薄化などが進む中で,児童生徒の豊かな人間性や社会性などをはぐくむためには,成長段階に応じて,ボランティア活動など社会奉仕体験活動や自然体験活動をはじめ,様々な体験活動を行うことが有意義です。文部科学省は,平成14年度から「豊かな体験活動推進事業」を実施し,各都道府県に「体験活動推進地域・推進校」を指定して,他校のモデルとなる体験活動の推進を図っています。また,15年度より「地域間交流推進校」を指定し,都市部から農山漁村や自然が豊かな地域に出かけ,農林漁業体験や自然体験を行うなど,異なる環境における体験活動を実施しています。さらに,16年度においては,長期にわたる集団宿泊等の共同生活体験等を行う「長期宿泊体験推進校」を指定しています。これらの取組の成果は全国を6ブロックに分けた交流会の実施や,事例集の作成・配布等を通じて普及を図っています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ