ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   創造的活力に富んだ知識基盤社会を支える高等教育〜高等教育改革の新展開〜
第1章  子どもの心と体の健やかな発達のために
第2節 子どもの健康の保持・増進


 近年,児童生徒の薬物乱用,生活習慣病などといった健康に関する課題が指摘されており,健康に関する学習の役割は,今後ますます重要になっています。

 心身の健康の保持・増進を図るためには,まず,「調和のとれた食事,適切な運動,十分な休養・睡眠」という“健康3原則”が子ども自身に徹底されることが必要です。また,健康の価値の認識や自分自身を大切にする態度,ストレスへの対処法などの知識,さらには健康に良くないことを自ら断つことのできる実践的能力などを身に付ける必要があります。そのためには,健康に関する学習により,日常的に健康に関する正しい知識・理解を持ち,生涯にわたり健康の保持・増進のために必要な事柄を実践していくことが大切です。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ