ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   創造的活力に富んだ知識基盤社会を支える高等教育〜高等教育改革の新展開〜
第1章  子どもの心と体の健やかな発達のために
第1節  子どもの体力の向上
2  子どもの体力向上に向けた具体的取組


 序章で述べたような子どもの体力の状況を踏まえて,平成13年4月11日に「子どもの体力向上のための総合的な方策」について中央教育審議会に諮問がなされました。これを受け,中央教育審議会のスポーツ・青少年分科会において,体力の低下の原因はもとより,体を動かす動機付けや,運動・スポーツに親しむための方策,体力向上のための望ましい生活習慣を形成するための方策などについて審議がなされ,14年9月30日に中央教育審議会答申として「子どもの体力向上のための総合的な方策について」が取りまとめられました。

 答申では,体力は人間の活動の源であり,健康の維持・増進のほか意欲や気力といった精神面の充実にも大きくかかわっており,子どもの体力低下の問題が子ども自身のみならず,将来の社会全体へ影響を及ぼすことについて指摘しています。また,体力低下の原因としては,体力に関する国民の意識の問題,都市化・生活の利便化などの生活環境の変化,睡眠や食生活などにおける子どもの生活習慣の乱れといった様々な要因が絡み合い,結果として子どもが体を動かす機会が減少しているという点を指摘しています。そして,今後子どもがより一層体を動かすとともに,適切な生活習慣を身に付けていくために,行政や学校,家庭,地域社会が取り組むべき具体的な方策について提言しています。

 文部科学省では,この答申を受け,子どもの体力向上に向けた具体的取組として,平成15年度から以下の方策を展開しています。


(1) 子どもの体力向上キャンペーン

 体力の重要性などをアピールするための全国的なキャンペーン事業を実施しています。

{1}キャンペーンポスターの作成・配布

 全国の小学生から体力向上に関する「ポスター」「標語」を募集してキャンペーンポスターを作成し,全国の幼稚園・小学校等に配布しています。平成16年度は合わせて5,198作品の応募があり,優秀作品には文部科学大臣賞などが授与されました。

▲子どもの体力向上キャンペーンポスター  平成16年度文部科学大臣賞受賞作品

{2}中央イベントの開催

 子どもたちとその家族に,家族や仲間とのふれあいの中で体を動かす楽しさを体験してもらう,「子どもの体力向上キャンペーン中央イベント」を開催しています。

 平成16年度は,10月11日の「体育の日」に駒沢オリンピック公園総合運動場(東京都世田谷区)で開催しました。キャンペーンの「ポスター」「標語」の表彰式が行われたほか,親子一緒に楽しく体を動かす「からだであそぼ」,オリンピックなどで活躍したトップアスリートによるスポーツ教室,ニュースポーツに挑戦するコーナーや親子体力測定コーナーなど,様々な催しに,多くの子どもたち,家族連れが参加しました。

 本イベントの開催を通じて,子どもの体力の重要性,日常生活において運動・スポーツ習慣を身に付けることの意義を広く啓発しています。

▲平成16年度 子どもの体力向上キャンペーン中央イベント

{3}ホームページの開設

 体力についての正しい知識,子どもの体力の現状や特徴,規則正しい生活習慣,新体力テスト などについて解説し,外遊びやスポーツの紹介,総合型地域スポーツクラブなどの情報を盛り込んだ「子どもの体力向上ホームページ」を平成16年4月に開設しました(http://www.japan-sports.or.jp/kodomo/)。

▲子どもの体力向上ホームページ

 ホームページでは,新体力テスト(6〜11歳)の結果を入力して,自分の体力・運動能力のバランスや,現在の全国平均値,両親が子どものころ(30年前)の全国平均値と比較したグラフを表示することができます。また,自分で目標を決めて運動・スポーツに取り組み,体を動かす習慣を身に付けるための「チャレンジシート」や,規則正しい生活習慣の形成に向けた「生活習慣チェックシート」などをダウンロードして活用できるようになっています。

{4}その他

 キャンペーン事業の一環として,平成16年度から子どもが家族や仲間と体を動かす動機付けとなるようなキャンペーンソング&ダンス(仮称)の制作・普及,子どもの体力の重要性などについて啓発や意見交換を行うタウンミーティングの開催に向けて取り組んでいます。


(2) スポーツ選手ふれあい指導事業

 子どもの体力向上を目的として全国の自治体などが行う子どもを対象としたスポーツ体験教室にオリンピックなどで活躍したトップレベルの選手を派遣し,子どもたちと直接ふれあい,スポーツの楽しさを体験してもらう事業を展開しています。

コラム2

スポーツ選手ふれあい指導事業の例

(「ちびっ子スイミングキャンプ」愛知県新城市)

 このキャンプでは,バルセロナオリンピック女子200m平泳ぎ金メダリストの岩崎恭子さんが講師に招かれました。

 キャンプの開催に先立ち,岩崎さんが披露した100m個人メドレーの無駄のない,流れるようなフォームは,子どもたちにとって最高のお手本になりました。

 その後,市内各小学校から参加した5・6年生48名が二つのグループに分かれて,岩崎さんからキックや手の使い方など基本的な平泳ぎの技術を中心に指導を受けました。岩崎さんの優しく丁寧な指導に,初めは少し緊張していた子どもたちも,いつの間にかみんな笑顔。岩崎さんの動きをまねようと一生懸命に練習しました。

 閉会式では,参加者から「今日,ここで習ったことをぼくの泳ぎに生かして速く泳げるようにしたいです」とお礼の言葉を述べた後,記念撮影を行いました。そして最後に,岩崎さんから「どんなことでも,あきらめずに,毎日毎日努力することが大切です」と激励のメッセージを頂いて締めくくりました。

▲「ちびっ子スイミングキャンプ」の様子


* 新体力テスト

 6歳から79歳を対象に,筋力や柔軟性などの体力を測定するテスト。テスト項目は,握力,上体起こし,長座体前屈,50m走やソフトボール投げなど。「体力・運動能力調査」に用いている。


(3) スポーツ・健康手帳の作成・配布等

 小学校中・高学年用に,子どもが自分の体について関心を持ち,自ら目標を立てて運動や規則正しい生活習慣を実践するための「手帳」として「元気アップハンドブック」,小学校低学年・幼児用に,子どもが日常的に家族や仲間とできる楽しい運動遊びの紹介と,ごほうびシールで楽しみながら自然に体を動かす習慣を身に付ける動機付けを行う「げんきあっぷかれんだー」を作成・配布しています。

▲元気アップハンドブック

▲げんきあっぷかれんだー

 また,保護者に対しての意識付けとして,子どもを取り巻く環境,体力の重要性や体力低下の原因を解説した啓発資料「子どもの体力向上のために」を併せて作成・配布し,子どもの体力向上に対しての理解を求めています。


(4) 子どもの体力向上実践事業

 平成16年度からは,以上の事業に加え,全国にモデル地域を指定して,子どもの体力の現状や生活実態を調査・分析し,地域の実情に応じた実践活動を行う「子どもの体力向上実践事業」を新たに開始しました( 図表1-1-1 )。

図表◆1-1-1 子どもの体力向上実践地域一覧

 具体的には,まず実践地域において,学校関係者,PTA,地域の協力者,スポーツ団体,学識経験者などから成る実行委員会を設置し,学校・家庭・地域が連携して子どもの体力向上に取り組むことができる体制を確立することとしています。この実行委員会では,実践地域の子どもの体力の現状や生活実態から,その地域ごとの課題を明らかにするとともに,実践地域ごとのテーマを設定します。そして,実践地域ごとのテーマに沿って,啓発活動,プログラムの開発,子どもを取り巻く環境の整備などの実践活動を地域の実情に応じて行います。また,事業を通じて効果が実証された活動については,各地における子どもの体力向上に役立てられるよう,全国に紹介する予定です。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ