ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   創造的活力に富んだ知識基盤社会を支える高等教育〜高等教育改革の新展開〜
序章  「生きる力」と健やかな心と体
第3節  子どもの健やかな心と体をはぐくむために
1  子どもの体力の向上(第1章第1節関係)


 体力には,走・跳・投などの運動をするための基礎となる身体的能力(行動体力)と,体温調節,病気に対する免疫力,ストレスに適応する抵抗力などの身体的能力(防衛体力)があると考えられています。これらは,いずれも心と体の健やかな発達には欠かせない存在です。

 しかし,子どもの体力は長期的な低下傾向にあり( 図表3 ),憂慮すべき状況にあります。子どもの体力の低下は,将来的に国民全体の体力低下につながり,生活習慣病の増加やストレスに対する抵抗力の低下など健康に不安を抱える人々が増え,ひいては社会全体の活力が失われる事態が危惧されます。

 今後は,地域・学校・家庭が連携して,子どもたちが積極的にスポーツに親しむ習慣や意欲,能力を育成するとともに,そのために必要な知識,習慣を身に付けさせることを一層重視していく必要があります。

図表◆3 持久走,ソフトボール投げの年次推移


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ