ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第11章  新たな時代の文教施設を目指して
第2節  特色ある学校施設の整備充実
1  特色ある学校施設づくり



(1) 学校施設整備指針などの策定

 

 学校においては,子どもたちが生き生きと学習や生活を行うことのできる安全で豊かな施設環境を確保し,教育内容・方法の多様化へ対応するための施設機能を備えることが必要です。

 このため,文部科学省では,学校種別ごとに施設の計画・設計上の留意事項をまとめた「学校施設整備指針」を策定しています。

 新教育課程への対応や安全性の向上,防犯対策,環境との共生など学校施設を取り巻く新たな課題へ対応するため,平成13年3月には「小学校施設整備指針」,「中学校施設整備指針」を,14年3月には「幼稚園施設整備指針」をそれぞれ改訂しました。同指針では,子どもたちの主体的な活動を支援する施設整備の方策,安全でゆとりと潤いのある施設整備の方策,地域と連携した施設整備の方策などについて示しています。

 また,その後の学校施設における防犯対策,学校施設の耐震化推進などの新たな課題に対応し,学校施設整備指針の内容を充実させるために,平成15年8月には,「小学校施設整備指針」,「中学校施設整備指針」,「幼稚園施設整備指針」の改訂を行い,各都道府県教育委員会などに対して通知しました。

 さらに,特色ある高等学校づくりへの対応や新高等学校学習指導要領などへの対応,現行指針策定後の学校施設を取り巻く新たな課題への対応として,平成15年2月から「高等学校施設整備指針」の改訂作業に取り組んでいるところです。

 これらの「学校施設整備指針」と併せて,具体的な施設整備の方策や留意点をまとめた「複合化及び高層化に伴う学校施設の計画・設計上の配慮について」,「新しい時代に対応した学校図書館の施設・環境づくり」などの手引書なども発刊しています。


(2) 多様な学習内容・方法への対応

 近年,学校においては,コンピュータなどの多様な教材が日常的に使用されている状況にあります。また,ティーム・ティーチング *1 ,グループ学習,個別学習など,一人一人の個性を生かした多様な学習形態を選択することが多くなってきています。

 このような状況を考慮し,文部科学省では,教育関係者をはじめ,人間工学,建築学などの関係分野の専門家の協力を得て,学校家具に関する調査研究を実施しました。その成果を基に,平成11年8月に教室用机・いすの日本工業規格(JIS) *2 について,多様な教材に対応できるよう,机面寸法を拡大するなどの改正が行われています。

 また,環境保全に資するための環境に配慮した規格(環境JIS)の推進が進められており,教室用机・いすの規格について,環境JISに対応した規格の検討を進めています。


*1 ティーム・ティーチング

 複数の教師による協力的な指導のこと。


*2 日本工業規格(JIS)

 鉱工業品の品質の改善,生産能率の増進,生産の合理化などを図る目的で制定された規格。


(3) 余裕教室の活用

 近年,少子化による児童生徒数の減少などに伴い,平成5年から10年間では,公立小中学校において,7万室以上の余裕教室が生じてきています。この余裕教室は,今までの学校にはなかったゆとりのスペースとして,特別教室や心の教室,また,地域への開放という形で活用されているほか,社会教育施設,福祉施設など,学校教育以外の用途でも活用されています。

 文部科学省では,余裕教室の活用に当たっての留意点や具体的手法などをまとめた「余裕教室活用指針」を策定し,都道府県教育委員会を通じて配布しています。また,平成9年11月には,余裕教室などを学校以外の施設に転用する場合の財産処分手続を簡素化・明確化し,余裕教室の活用促進を図ってきています。

余裕教室の社会福祉施設(デイホーム施設)への転用(広島県庄原市)

 さらに,活用事例を紹介したパンフレットの作成・配布や,厚生労働省と連携して保育所への転用事例を取りまとめ,ホームページに掲載するなど,活用事例の広報にも努めてきています(参照: 第2部第1章第5節4 )。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ