ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第8章  スポーツの振興と青少年の健全育成に向けて
第3節  子どもの体力向上
2  子どもの体力向上のための具体的な取組


 既述のような子どもの体力の現状を踏まえて,平成13年4月11日に「子どもの体力向上のための総合的な方策」について中央教育審議会に諮問がなされました。これを受け,中央教育審議会のスポーツ・青少年分科会において,体力の低下の原因はもとより,子どもがより一層体を動かし,運動・スポーツに親しむための方策や,体力向上のための望ましい生活習慣を形成するための方策などについて審議がなされ,14年9月30日に中央教育審議会より答申が提出されたところです。

 答申では,体力は人間の活動の源であり,健康の維持のほか意欲や気力といった精神面の充実にも大きくかかわっていることや,子どもの体力低下の問題が,子ども自身のみならず将来の社会全体へ影響を及ぼすことについて指摘しています。また,子どもがより一層体を動かすとともに,適切な生活習慣を身に付けていくために行政や学校,家庭,地域社会が取り組むべき具体的な施策について提言しています。

 文部科学省では,この答申を受け,子どもの体力向上に向けて,平成15年度より以下のような施策を展開しています。


(1) 体力向上キャンペーン

 子どもの体力を向上させるための全国的なキャンペーン事業を実施しています。具体的には,体力の重要性などをアピールするためのキャンペーンポスターを広く子どもたちから募集するとともに,親子で運動・スポーツに積極的に親しむ機運を醸成するための各種イベントの開催などを行っています。

子どもの体力向上キャンペーンポスター文部科学大臣賞


(2) スポーツ選手ふれあい指導事業

 全国の地方公共団体などが行う子どもを対象としたスポーツイベントに,オリンピックなどで活躍したトップレベルの選手を派遣し,実技指導などを通じて子どもたちに運動・スポーツの楽しさを体験させる事業を展開しています。

子どもの体力向上中央イベント


(3) スポーツ・健康手帳の作成・配布等

 子どもたちが自ら進んで運動やスポーツに取り組むことを促すため,その動機付けとなるような「スタンプカード」や,スポーツや健康に関する情報を盛り込み,日常的に活用できる「手帳」の作成・配布を行う予定です。また,保護者に対して体力の重要性などをアピールするためのパンフレットの作成・配布や,子どもたちが体を動かすことの楽しさを味わうことができ,自ら進んで体を動かす動機付けとなる各種活動プログラム事例集の作成を行っています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ