ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第8章  スポーツの振興と青少年の健全育成に向けて
第2節  生涯スポーツ社会の実現に向けて
4  様々な生涯スポーツ振興事業の開催


 国民が各自の興味・関心に応じてスポーツに親しみ,生活の中にスポーツが定着することを目的として,様々な生涯スポーツの振興に向けた事業が展開されています。文部科学省でも,以下のような事業を実施しています。

{1}全国スポーツ・レクリエーション祭

 人々が気軽にスポーツ・レクリエーション活動を楽しみ,各世代にわたるスポーツ愛好者相互の交流を深める生涯スポーツの全国的な祭典です。第16回大会は,平成15年11月に香川県内各地で開催されました。

{2}生涯スポーツコンベンション

 平成元年度から毎年,スポーツに関係する産官学の関係者が一堂に会し,生涯スポーツ振興上の諸問題について研究討議・意見交換を行っています。

{3}全国アウトドアスポーツフェア・全国マリンスポーツフェア

 野外活動に対する関心が高まる中で,様々なアウトドアスポーツやマリンスポーツを体験できる機会を提供するとともに,体験活動を通じて自然に対する正しい理解を深め,安全に楽しむためのマナーの向上を図っていくための大会です。平成15年度は,7月に神奈川県で開催しました。

{4}体育の日・体力つくり国民運動

 スポーツについての国民の理解と関心を深めるために,国民の祝日である「体育の日」を中心に,体力テストや各種スポーツ行事の実施,体力・運動能力調査の結果の公表などを行っています。

 また,昭和39年のオリンピック東京大会を契機に,日常生活を通じて積極的に健康・体力つくりを実践していく国民運動が提唱され,毎年10月を「体力つくり強調月間」として,広く国民に健康・体力つくりの重要性を呼び掛けるなどの運動を展開しています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ