ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第8章  スポーツの振興と青少年の健全育成に向けて
第2節  生涯スポーツ社会の実現に向けて
1  総合型地域スポーツクラブの育成


 国民一人一人が主体的にスポーツに親しめる地域のスポーツ環境づくりの方向としては,仲間,施設,活動プログラム,指導者などを有機的に結び付け,多様なニーズにこたえられるスポーツクラブづくりを進めていく必要があります。スポーツ振興基本計画では,「総合型地域スポーツクラブ」(以下「総合型クラブ」と言う)の全国展開を,今後,生涯スポーツ社会を実現するため緊急に取り組むべき最重点施策として挙げています。


(1) 地域におけるスポーツクラブの現況

 我が国のスポーツにおいては,学校と企業,特に学校が,スポーツの普及やトップレベルの競技者の育成などの様々な役割を担ってきました。このため,学校を卒業するとスポーツに親しむ機会が著しく減少する傾向が見られます。また,職場や地域を中心にスポーツクラブづくりが行われていますが,性別・年齢・活動種目が限定されているなど,国民のスポーツニーズに十分対応できない状況にあります。

 こうした状況を改善するための方策として,身近な地域において,子どもから高齢者までスポーツを愛好する人々が,いつでも,いつまでも興味や目的に応じてスポーツに親しめる新たなスポーツクラブづくりが求められています。


(2) 総合型地域スポーツクラブの全国展開

 文部科学省では,次のような特徴を有し,身近な生活圏で地域住民のスポーツ活動や世代間交流の拠点となる総合型クラブを提唱し,その全国展開を推進しています。

{1}複数の種目が用意されている。
{2}子どもから高齢者まで,初心者からトップレベルの競技者まで,地域のだれもが年齢,興味・関心,技術・技能レベルなどに応じて,行いたいときに,いつでも,いつまでも活動できる。
{3}活動の拠点となるスポーツ施設やクラブハウスがあり,定期的・継続的なスポーツ活動を行うことができる。
{4}質の高い指導者の下で,個々のスポーツニーズに応じたスポーツ指導が行われる。
{5}以上のようなことについて,地域住民が主体的に運営する。

 スポーツが日常生活に文化として定着していると言われるヨーロッパでは,地域住民の多くがスポーツクラブに加入しています。クラブにおいて,住民は単にスポーツを行うだけでなく,社交の場を形成しており,クラブが地域コミュニティ(「地域社会」や「共同体」のこと)の基盤ともなっています。また,クラブに参加していることで,地域住民は地域の一員として誇りを持つなど,地域の活性化にもつながっています。完全学校週5日制時代を迎えた日本において,総合型クラブには,地域の子どものスポーツ活動の受け皿としての効果や,スポーツ活動を通じた家族のふれあい,世代間交流による青少年の健全育成,子どもたちの居場所づくり,地域教育力の再生などといった役割も期待されています。

 また,これら総合型クラブが地域住民のニーズを踏まえて創設され,継続的・安定的に運営されるためには,指導者を派遣したり,運営面でのアドバイスを行うなど個々の総合型クラブだけでは解決できない課題に対応し,クラブの活動を後方支援する広域スポーツセンター(以下「広域センター」と言う)の育成も必要です。

 スポーツ振興基本計画においては,総合型クラブの全国展開について,平成22年までの到達目標を以下のように掲げています。

{1}全国の各市区町村において少なくとも一つは総合型地域スポーツクラブを育成する。
{2}各都道府県において少なくとも一つは広域スポーツセンターを育成する。

 このため,文部科学省では,総合型クラブや広域センターの育成のためのモデル事業を実施するなど,全国展開に向けた各種取組を行っています。平成14年度からスポーツ振興くじ(toto)の収益金による総合型クラブの創設や活動に対する支援も始まり,地方公共団体や(財)日本体育協会などのスポーツ団体や地域住民のグループが自ら積極的に総合型クラブの育成に取り組んでいる事例も増えてきています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ