ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第6章  研究開発の戦略的重点化
第6節  地震・防災等の重要分野の研究開発の推進
2  エネルギー分野(原子力を除く)


 エネルギーは,国民生活や経済を支える基盤ですが,大量のエネルギー消費などがもたらした地球温暖化の問題が大きな課題となっています。特に,我が国において排出される温室効果ガスの約9割がエネルギー起源の二酸化炭素であることから,京都議定書の批准を踏まえ,今後,地球温暖化対策推進大綱などの削減目標の達成に向けて,地球温暖化防止に資するエネルギー研究開発を推進していく必要があります。

 文部科学省では,大学や所管の研究機関を中心に,地球温暖化防止に資する新エネルギー・省エネルギー技術などに関する基礎的・基盤的な研究開発を推進しています。具体的には,廃棄物・バイオマスからの高効率エネルギー回収技術開発,次世代燃料電池に向けた新規材料開発,ガスタービンなど熱機関の高効率化に貢献する超耐熱材料開発,海洋温度差発電システムの開発などに取り組んでいます。

 また,大学を中心に,科学研究費補助金,科学技術振興機構の戦略的創造研究推進事業,科学技術振興調整費等の競争的資金などを活用して,研究者の自由な発想に基づく将来のエネルギー技術の選択肢につながるような長期的な視野に立った基礎・基盤的研究開発を推進しています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ