ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第3章  高等教育の多様な発展のために
第4節  高等教育機関の多様な展開
4  高等専門学校の現状と最近の施策



(1) 高等専門学校の現状

 高等専門学校は,中学校卒業者を対象として,実験・実習を重視した5年間一貫の専門的な教育を実施することを特徴とする高等教育機関です。

 工業の分野を中心に,平成15年5月現在,国立55校,公立5校,私立3校の計63校が設置されており,その教育成果は産業界から高い評価を得ています( 図2-3-1 )。

 また,卒業後には大学などへの進学の道が開かれており,平成14年3月の高等専門学校卒業者のうち約37%に当たる3,628人が,専攻科や長岡,豊橋の技術科学大学をはじめとする国公私立大学などに進学しています。

 なお,平成15年度までに47の高等専門学校に専攻科が設置されていますが,これらの専攻科はすべて大学評価・学位授与機構の認定を受けており,その修了者は,一定の要件を満たせば同機構から学士の学位を授与されることとなっています。

図2-3-1 高等専門学校分布図


(2) 最近の施策

 近年の科学技術の高度化や産業構造の変化などの社会のニーズに対応するとともに,学校制度の複線化構造を進める観点から,カリキュラムの見直しなどの教育改革の取組,専攻科の設置,新分野の学科の新設・改組を進めるとともに,卒業後の大学への第三年次編入学など,他の教育機関との連携を積極的に進めることとしています。

 平成15年度は,5校(苫小牧,鶴岡,東京,長野,大分)に専攻科が設置されるとともに,新しい情報化のニーズに対応するため,新居浜工業高等専門学校の電気工学科が電気情報工学科に改組されました。

 また,沖縄振興の一環として産業技術の高度化などに適切に対応できる優秀な実践的技術者の養成を図るため,沖縄工業高等専門学校が平成14年10月に設置され,16年4月に学生受入れを開始することとしています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ