ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第3章  高等教育の多様な発展のために
第4節  高等教育機関の多様な展開
1  大学(学部)・短期大学の規模


 大学・短期大学への進学者の主な母体となる18歳人口は,平成4年度の約205万人をピークとして減少し,15年度は約140万人となっています。今後,21年度の約120万人まで減少し続け,その後しばらくは約120万人で推移すると予想されます。

 平成15年5月現在での大学数は702校,短期大学数は525校です。大学・短期大学全体の在学者数は約276万人で,昨年と比べ約7,000人減となっており,その内訳は大学が約251万人,短期大学が約25万人となっています。大学の入学者数は約60万人,短期大学の入学者数は約11万人で,大学は約5,000人減,短期大学は約8,000人減となっています。進学率は,大学が41.3%,短期大学進学率7.7%(大学・短期大学進学率49.0%)となっています。大学・短期大学進学率は,5年度には40.9%であり,その後11年度までは約1〜2%の伸びを示していましたが,11年度以降はほぼ横ばいとなっています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ