ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第2章  初等中等教育の一層の充実のために
第5節  幼児期にふさわしい教育の推進
2  幼児教育振興プログラムの実施


 平成13年3月に,文部科学省は,今後の幼児教育に関する施策の効果的な推進を図るための総合的な実施計画である「幼児教育振興プログラム」を策定しました。同プログラムの実施期間は13年度から17年度までとなっており,文部科学省では,次のような施策を展開しています。


(1) 幼稚園の教育活動・教育環境の充実

{1}幼稚園の教育内容の充実

 幼稚園の教育内容の充実については,これまで,幼稚園教育要領の理解の推進のための研究協議会や,道徳性の芽生えを培う実践的な事例集の作成・配布などを行ってきました。また,平成15年度は,14年度に引き続き,家庭や地域においても幼稚園教育に関する理解を深め,大人社会全体で子どもをはぐくんでいくことを目指し,「幼児とともに心をはぐくむキャンペーン」(https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/youji/index.htm)を実施しています。今後は,14年6月に出された「幼稚園教員の資質向上に関する調査研究協力者会議」からの報告を受け,幼稚園教員の資質向上のための施策を推進します。

{2}幼稚園就園奨励事業の充実

 幼稚園就園に伴う保護者の経済的負担の軽減や,公私立間の保護者負担の格差是正のため,地方公共団体が行う入園料や保育料の減免措置に対して,文部科学省が補助をしています。特に,同一の世帯から2人以上の幼児が同時に就園する場合,2人目以降の園児に関する保護者の負担額が1人目と比べて少なくなるようにしています。平成15年度は,平均的な保育料に対する1人目の保護者負担額を1.0として,2人目0.7,3人目以降が0.4となるように補助を行っています。


(2) 幼稚園における子育て支援

 近年,幼稚園は,地域の幼児教育のセンターとして,子育て支援機能を持ち,いわば「親と子の育ちの場」という役割を果たすことが期待されるようになってきています。このため文部科学省では,幼稚園における相談活動や子育てのネットワークづくり,通常の教育時間の前後などに行う「預かり保育」(全国の約6割の幼稚園で実施)などの子育て支援を推進しています。


(3) 小学校や保育所との連携

 幼児期の教育と小学校以降の教育との間の円滑な移行や接続を図るため,教員・保育士間や幼児・児童間での交流の在り方や教員免許・保育士資格の併有の促進など,就学前教育と小学校の連携に関する総合的な調査研究を実施しています。

幼稚園児と小学生による田植え(広島県尾道市立木ノ庄西幼稚園・木ノ庄西小学校)

 また,文部科学省と厚生労働省で協議して,幼稚園と保育所との連携を進めています。具体的には,{1}幼稚園と保育所の施設の共用化の推進,{2}教育内容・保育内容の整合性の確保,{3}幼稚園教諭と保育士の合同研修の実施・資格の併有の促進,{4}幼稚園と保育所の連携事例集(http://www.i-kosodate.net/jirei/index.html)の作成などの取組を行っています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ