ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第2章  初等中等教育の一層の充実のために
第4節  初等中等教育段階におけるキャリア教育の推進
3  高等学校における進路指導の改善


 高等学校における進路指導については,中学校における内容改善の上に立って,生徒が自らの意志と責任で進路を選択決定する能力・態度を育成することができるよう指導していくことに重点を置くことが必要です。そのためには,自己の将来の進路を主体的に選択することを目指し,働くことや社会に奉仕することの喜びや,それによって得られる達成感を体得させることに留意し,教育を実施する必要があります。

 高校生の就職については,平成15年3月に卒業した者の就職率(就職希望者に対する就職者の割合)は86.7%(15年3月末現在)であり,卒業までに就職に至らなかった者も約3万2,000人に上るなど,厳しい状況となっています。

 このような状況にかんがみ,文部科学省では,平成14年度から,高等学校に,進路指導主事などと連携して就職希望生徒に対する就職相談・求人企業の開拓などを行う「高等学校就職支援教員」(ジョブ・サポート・ティーチャー)を配置しているところです。

 一方,各都道府県においては,一人一社制や指定校制などの就職慣行の見直しなどを提言した「高卒者の職業生活の移行に関する調査研究最終報告」(平成14年3月,文部科学省と厚生労働省との共同研究)を踏まえて,その見直しが進んでいるところです。

 また,高校生のインターンシップは,生徒が学習内容や将来の進路などに関連した就業体験を行うことにより,自分の職業適性や将来設計について考える良い機会となり,主体的な職業選択の能力や職業意識の育成が図られるなど,高い教育効果が期待されています。このため,文部科学省では,高等学校学習指導要領に,各高等学校において就業体験の機会の確保について配慮することを規定するなどして,これを推進しています。実施率も年々上昇してきており,平成14年度には,公立(全日制)の高等学校全体の47.1%(普通科では32.0%,職業学科では74.1%,総合学科では76.2%)でインターンシップが実施されています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ