ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第1章  生涯学習社会の実現へ
第7節  奉仕活動・体験活動の推進
2  奉仕活動・体験活動の推進方策


 文部科学省では,平成4年7月の生涯学習審議会答申「今後の社会の動向に対応した生涯学習の振興方策について」を踏まえつつ,従来より,生涯学習推進の観点から,ボランティア活動の支援・推進に向けた情報提供・相談窓口の設置や体験活動を推進する事業などを行っています。特に,14年度からは,子どもたちが様々な体験活動を行う機会を大幅に拡大し,豊かな心やたくましく生きる力を育てる取組を一層充実させる視点から,次のような事業を実施しています。

高校生ボランティアの企画・実施による,子どもを対象としたイベント


(1) 奉仕活動・体験活動の推進体制の整備

 文部科学省では,青少年のボランティア活動など社会奉仕体験活動,自然体験活動などの体験活動の推進を図るため,平成14年度から「地域と学校が連携協力した奉仕活動・体験活動推進事業」(14年度は「学校内外を通じた奉仕活動・体験活動推進事業」)を実施しています。本事業では,国,都道府県,市町村に幅広い関係機関・団体と連携を図る協議会を組織するとともに,情報提供やコーディネート などを行う支援センターを設置するなど,学校教育と社会教育を通じた青少年の奉仕活動・体験活動の推進体制の整備を進めています。

 本事業の実施により,現在,国とすべての都道府県,4割程度の市町村において,推進体制の整備・充実が進められています。

 国の推進体制としては,関係府省と全国規模の関係団体から構成される「全国奉仕活動・体験活動推進協議会」を,2回(平成14年11月・15年5月)開催しています。また,情報収集・提供や自治体の活動支援などを行う「全国体験活動ボランティア活動総合推進センター」を,国立教育政策研究所社会教育実践研究センター内に開設しています。

 さらに,平成15年10月には,都道府県・政令指定都市教育委員会の社会教育・学校教育における奉仕活動・体験活動担当者を対象として,「平成15年度奉仕活動・体験活動担当者会議」を開催し,地域と学校の連携協力関係の下で奉仕活動・体験活動の充実に向けた取組が一層促進されるよう,情報交換や意見交換などを行いました。


* コーディネート

物事を調整し,まとめること。


(2) 社会的気運の醸成

 文部科学省では,奉仕活動・体験活動に対する社会的気運の醸成を図るため,平成15年3月に「奉仕活動・体験活動推進全国フォーラム」を開催するとともに,その模様をテレビやラジオなどのマスメディアを通して紹介しました。また,エルネットを通じて,奉仕活動・体験活動に関し,各種会議の模様や地方公共団体の取組などについて幅広く紹介を行っています。

地域の大人たちと一緒にお菓子づくり体験


(3) 学校における奉仕活動・体験活動の推進

 文部科学省では,平成14年度から「豊かな体験活動推進事業」を実施し,他校のモデルとなる体験活動を行うとともに,その先駆的な取組を広く全国の学校に普及させ,すべての小・中・高等学校などでの豊かな体験活動の円滑な展開を推進しています。

 また,家庭や地域の協力を得て,ボランティア活動などの道徳性を養うための体験活動を行う「道徳教育体験活動推進事業」を実施しています。

 大学では,国立大学におけるボランティア養成講座やカリキュラムの開発,情報提供・相談窓口の設置などを総合的に支援する「学生ボランティア総合推進事業」を実施するとともに,(財)内外学生センターにおいて,ボランティア情報コーナーを開設してボランティア情報を提供するなど,学生ボランティア活動に対する支援を行っています。


(4) 青少年の地域における奉仕活動・体験活動の推進

 地域での奉仕活動・体験活動の推進のため,「新子どもプラン」の一環として,「子ども放課後・週末活動等支援事業」,「学校と地域を通じた奉仕活動推進事業」,「省庁連携子ども体験型環境学習推進事業」などの施策を実施しています(参照: 第2部第1章第3節1 )。

 このほか,平成13年に,国立オリンピック記念青少年総合センターに「子どもゆめ基金」が設置され,民間団体が行う体験活動などに対する助成が行われています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ