ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第1章  生涯学習社会の実現へ
第3節  地域で子どもを育てる環境の整備
1  新子どもプランの推進


 平成11年6月の生涯学習審議会答申「生活体験・自然体験が日本の子どもの心をはぐくむ」においては,異年齢の友達や地域の人々とのかかわりの中で,様々な体験の機会を提供し,子どもたちに「生きる力」をはぐくんでいくことが重要であると指摘しています。

 これまで,文部科学省では,同答申も踏まえつつ,平成14年度からの完全学校週5日制の実施に向けて,地域で子どもを育てる環境を整備し,親と子どもたちの活動を振興する体制を整備するため「全国子どもプラン(緊急3ヶ年戦略)」を策定し,関係省庁とも連携して,子どもの多彩な体験活動の機会と場の充実などをはじめとする施策を推進してきました。

 平成14年度からは,完全学校週5日制の下で,それまでの実績を踏まえた「新子どもプラン」を策定し,15年度も引き続き,以下のような様々な施策を進めています。

○学校内外を通じた子どもたちの多様な奉仕活動・体験活動の推進体制の整備や,「子どもセンター」などによる様々な体験活動などについての親や子どもに対する情報提供の充実
○各省庁と連携した共同事業や,地域住民の協力による子どもたちの週末などにおける様々な活動支援など,子どもを核とした地域の様々な活動の機会と場の拡大
○地域での子育て支援ネットワークづくりなどの,家庭教育への支援
ネイティブスピーカーによる授業の様子

新子どもプランにおける事業(一部)

外国語長期体験活動推進事業

 子どもたちの外国語コミュニケーション能力を培い,国際化に対応できる人材の育成を図ることを目的として,ネイティブスピーカー などと小学校高学年の子どもたちが,夏休みなどを利用して計20日間程度にわたり青少年教育施設などで共同生活をする中で,お互いの生活習慣や文化を肌で感じながら生きた外国語を身に付ける機会を提供しています。平成15年度からの新規事業であり,15年度は8道府県9地域で事業を実施しています。

ネイティブスピーカーによる授業の様子

大学Jr.サイエンス&ものづくり(大学等地域開放特別事業)

 国立大学(平成16年4月より国立大学法人。以下同じ)や大学共同利用機関(16年4月より大学共同利用機関法人。以下同じ)などが有する教育機能や施設を子どもたちに開放し,理科実験などの演習を取り入れたり,ものについて考え,実際に作り上げることで達成感などを実感するプログラムを提供しています。14年度には141機関202事業を実施しています。


* ネイティブスピーカー

ある言語を母語とする話者。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ