ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第1章  生涯学習社会の実現へ
第2節  すべての教育の出発点である家庭教育の充実
1  親への学習機会・情報の提供


 家庭教育の向上のために広く行われている取組として,家庭教育に関する親への学習機会や情報の提供があります。

 文部科学省では,子どもの発達段階に応じた学習機会の提供として,乳幼児や小・中学生の子どもを持つ親を対象とした子育て講座が全国的に開設されるよう,地方公共団体に対して助成を行っています。平成15年度は,思春期の子どもを持つ親のための子育て講座の助成を拡充しました。これらの子育て講座は,就学時健診や保護者会など一定の年齢の子どもを持つ親が多く集まる機会を活用するなど,できるだけ多くの親が参加できるようにしています。

 また,家庭教育に関する情報の提供については,子育てに関する身近なヒント集として,「家庭教育手帳」,「家庭教育ノート」を配布しており,PTAや子育てサークルの研修会など様々な機会に活用されています。

○「家庭教育手帳」母子健康手帳交付時などの母子保健の機会などを活用し,妊産婦や乳幼児を持つ親に配布しています。
○「家庭教育ノート」全国の小・中学校,特殊教育諸学校を通じて,小・中学生の子どもを持つ親に配布しています。
家庭教育ビデオ

 なお,平成15年度には,現在2分冊であるこれらの冊子を3分冊にするとともに,思春期の子どもに関する内容などについて充実を図ることとしています。

 さらに,(財)民間放送教育協会に委託して,テレビ家庭教育番組「親の目子の目」を制作し,放送しているほか,子育てについて解説した家庭教育ビデオを全国の公民館,保健センター,産婦人科医などに配布し,親などが視聴したり,借りたりできるようにしています。平成14年度には,思春期の子どもを持つ親を対象とした家庭教育ビデオ「こころの応援歌 親子で育む『素晴らしき思春期』」を作成・配布しました。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ