ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
序章   教育改革の推進
第3節  新しい時代にふさわしい教育基本法と教育振興基本計画の在り方について
(2)  21世紀の教育が目指すもの


 答申では,まず,日本社会が自信喪失感や閉塞感の広がりなど様々な危機に直面している一方で,教育についても,青少年の規範意識や道徳心,自律心の低下,いじめ,不登校,中途退学,学級崩壊,学ぶ意欲の低下,家庭や地域の教育力の低下など多くの課題を抱えているとしています。

 このため,日本の教育を根本から見直し,新しい時代にふさわしく再構築することが求められており,これからの教育は,「21世紀を切り拓く心豊かでたくましい日本人の育成」を目指すべきであるとしています。

 具体的には,{1}自己実現を目指す日本人の育成,{2}豊かな心と健やかな体を備えた人間の育成,{3}「知」の世紀をリードする創造性に富んだ人間の育成,{4}新しい「公共」を創造し,21世紀の国家・社会の形成に主体的に参画する日本人の育成,{5}日本の伝統・文化を基盤として国際社会を生きる教養ある日本人の育成,という五つの目標の実現に取り組むことが必要としています。

 こうした目標の実現のために,教育基本法をはじめ教育関連法制の見直しにまでさかのぼった教育改革や具体の施策を総合的,体系的に位置付ける教育振興基本計画の策定による実効性のある改革などが必要であると提言しています。

 文部科学省では,更に国民的議論を深めながら,上記答申などを踏まえつつ,教育基本法の改正と,同法に基づく教育振興基本計画の策定に向けて取り組んでまいります。

「新しい時代にふさわしい教育基本法と教育振興基本計画の在り方について」(中央教育審議会 答申の概要)





前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ