ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   創造的活力に富んだ知識基盤社会を支える高等教育〜高等教育改革の新展開〜
  高等教育改革Q&A?
  Question7−2


どのくらいの法科大学院の卒業生が,法曹になるのですか。

Answer

 平成16年度に開設される法科大学院68校の入学定員の合計は,5,590人となっています(16年1月現在)。

 一方,法曹人口については,内閣に設置された司法制度改革審議会においても検討されたところですが,司法制度改革審議会意見書を踏まえた司法制度改革推進計画(平成14年3月19日閣議決定)においては,「法科大学院を含む新たな法曹養成制度の整備の状況等を見定めながら,平成22年ころには司法試験の合格者数を年間3,000人程度とすることを目指す」とされています。

 しかしながら,法科大学院の設置について,基準を満たしたものは認可することとし,広く参入を認める仕組みとすべきとされていることに留意する必要があり,また,法科大学院では課程の修了にも相当な努力が必要になることや,法科大学院の数が今後どのように推移するかなど,今後の状況による面が大きいため,法科大学院の修了生の数には流動的な面があります。また,司法試験合格者数についても,法科大学院を含む新たな法曹養成制度の整備の状況などを見定めることが前提とされているなど,やはり流動的な要素があります。このため,法科大学院の修了生のどれくらいが法曹になるか,現時点で一概に言うことはできません。

 いずれにせよ,各法科大学院で法曹養成のための充実した教育を展開することが期待されます。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ