ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   創造的活力に富んだ知識基盤社会を支える高等教育〜高等教育改革の新展開〜
  高等教育改革Q&A?
  Question4


最近,大学・専門学校(専修学校専門課程)の入学資格制度が改正されたと聞きましたが,どのようになったのですか。

Answer

 大学入学資格は,大学の入試を受けるに当たって必要となる資格です。大学入学資格については,平成15年9月に,教育の国際化の観点や,社会人や様々な学習歴を有する方の大学入学機会の拡大を図る観点から,学校教育法施行規則(文部科学省令)と関係する告示の改正を行いました。

 具体的には,

{1}国際的な評価団体の認定を受けた外国人学校(12年の課程)を修了した者

*国際的な評価団体としては,WASC(ウェスタン・アソシエーション・オブ・スクールズ・アンド・カレッジズ),ACSI(アソシエーション・オブ・クリスチャン・スクールズ・インターナショナル),ECIS(ヨーロピアン・カウンセル・オブ・インターナショナル・スクールズ)があります。

{2}我が国において,高等学校に相当する外国の学校の課程(12年)と同等の課程を有するものとして外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設の課程を修了した者
{3}大学において,個別の入学資格審査により,高校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者
のいずれかで,18歳に達した者について,大学入学資格を認めることとしました。

 なお,{3}の個別の入学資格審査に当たっては,

・専修学校や各種学校等における学習歴や,大学の科目等履修生としての単位の取得などの個人の学習歴
・社会における実務経験や取得した資格
などに基づいて,高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者であるかどうかが審査されます。また,各大学の判断により導入し実施するものであり,その認定の効力は認定を行った大学に限られます。

 これらの改正により,意欲と能力のある方に,大学での学習の機会が一層拡大されることになると期待されています。

 また,専門学校(専修学校専門課程)も,大学と同様の取扱いとなっています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ