ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   創造的活力に富んだ知識基盤社会を支える高等教育〜高等教育改革の新展開〜
第4章  諸外国の高等教育改革
第7節  韓国
3  高等教育費を支える民間資金


 高等教育の拡大を担ってきたのは主に私立高等教育機関で,大学では78%,専門大学では96%の学生が私立に在学しています(2002年)。こうした私立の圧倒的多さに加え,私立大学への公的補助金の少なさ(私立大学経費の3%程度)や,国公立大学の授業料徴収などにより,韓国の高等教育費は民間資金によって支えられています。公財政支出高等教育費の対GDP比が0.6%と低い一方で,私費負担高等教育費は1.9%と,約3倍になっています(2000年。OECD統計)。

 政府は,公財政支出の拡大を図るとともに,その支出を大学の質的向上につなげる効果的な配分を工夫しています。前述のように,「頭脳韓国21」や教育改革に対する公私立大学への補助金など評価に基づく補助金交付を導入したほか,国立大学の予算を評価に基づいて行う改革案も検討されています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ