ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   創造的活力に富んだ知識基盤社会を支える高等教育〜高等教育改革の新展開〜
第4章  諸外国の高等教育改革
第6節  中国


 中国では,6歳で始まる12年間の初等中等教育を終えて高等教育に進学します。高等教育機関には,大学と短期(2〜3年)の専科学校,職業技術学院があります。

 現在の高等教育改革は,経済発展を目指すとの基本的政策の一環として位置付けられています。1998年5月に,北京大学百周年記念式典で江沢民国家主席(当時)は,「科学技術が猛烈な勢いで進歩し,知識経済が姿を見せ,国際競争が日ごと激しくなっている」現代社会で,「我々の大学は科学技術と教育による国家振興戦略における強大な新鋭軍」となるべきであり,また「世界先進水準の大学を持たなければならない」と訴えました。

 こうした考えの下で,中国政府は現在,市場経済からの需要にこたえられる新たな体制を築くため,競争主義を取り入れた改革を進めており,計画経済体制からの脱皮を図る,中華人民共和国成立(1949年)以来最大の改革となっています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ