ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   創造的活力に富んだ知識基盤社会を支える高等教育〜高等教育改革の新展開〜
第4章  諸外国の高等教育改革
第5節  ドイツ


 ドイツの高等教育機関は,大学と高等専門学校に大別できます。大学には6歳で始まる初等中等教育13年間,高等専門学校には同12年間を経て入学します。

 ドイツの高等教育は,東西ドイツの統一を経た1990年代,ドイツ経済再生への要求やEUの統合,労働市場の国際化という社会・経済の変化の中で,知識による社会・経済への貢献という課題を一層強く突きつけられるようになりました。連邦政府は,これらの課題にこたえ,ドイツ高等教育の国際競争力を強化するため,高等教育の原則を定める「高等教育大綱法」を1998年から数度にわたって改正し,高等教育機関の裁量拡大,業績主義などにより競争を促進する改革を本格始動させました。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ