ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第11章  新たな時代の文教施設を目指して
第1節  快適で豊かな文教施設づくり
2  地域と連携した文教施設づくり



(1) コミュニティの拠点としての整備

 これからの学校施設は,生涯学習社会や学校・家庭・地域社会の連携協力に向けた活動を円滑に行うための環境整備,また,社会教育施設や社会福祉施設などとの複合化による連携が求められ,地域のコミュニティの拠点として整備していくことが重要となっています。

 このため,文部科学省では,平成11年6月に「高齢者との連携を進める学校施設の整備について-世代を越えたコミュニティの拠点づくりを目指して-」,同年7月に「子どもたちの未来を拓く学校施設-地域の風がいきかう学校-」を取りまとめ,各都道府県教育委員会に通知し,コミュニティの拠点としての学校施設整備を進めるための方策を提示しています。

 また,平成12年度から,具体的な学校整備構想を持つ地方公共団体などに,「コミュニティの拠点としての学校施設整備に関するパイロット・モデル研究」の委嘱を行い,地域のコミュニティの拠点としての学校施設整備の推進と実証的検討を進めています。

コラム{16}

-学校施設計画への学校・家庭・地域の参画- 新潟県聖籠町立聖籠中学校(平成13年3月完成)

 本校は,建設計画を行うに当たり,教職員や生徒からのヒアリングやアンケートでの意見の聴取,説明会での住民への経過報告や質疑など,幅広い意見の収集や住民に対する情報の提供を行い,学校・家庭・地域が一体となって計画が進められました。「日本一いきいきした学校」を目指して,県内初の教科センター方式を導入し,生徒が毎時間教室を移動しながら学習に励むために,生活拠点となる「ホームベース」や,学校を「町」にしようという考えでつくられた「地域交流棟」といった町民のホームベースとなる活動拠点を設けています。





(2) 文教施設のバリアフリー化の推進

 学校は,地域社会における多様な生涯学習活動などの場としても利用される公共的な施設であり,バリアフリー 化を進め,整備していくことが重要となっています。

 平成14年7月には「高齢者,身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律」が改正され,学校施設が新たにバリアフリー化の努力義務の対象となったところです。

 文部科学省では,平成6年12月,国・公・私立学校などに対し,学校施設の整備において,高齢者や身体障害者などの人々も円滑に利用できるよう配慮し,特に,学校開放により地域住民にも利用される施設については,より積極的なバリアフリー化を図るよう通知するとともに,スロープ,障害者用トイレ,エレベータなどの整備について,設置者が補助制度などを活用できるよう支援を行っています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ