ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第10章  国際化・情報化への対応
第2節  IT革命への対応
8  分野横断的課題


 横断的な課題としては,「情報化の影の部分」の問題があります。個人の孤立化や人間関係の希薄化,自然体験・社会体験の不足,有害情報のはん濫,ネットワーク上のモラルやルール,デジタル・デバイドの発生等の問題が現在,指摘されているところです。このため,文部科学省としては,情報そのものを主体的に収集・判断等できる能力(情報活用能力)を育成する情報教育の推進,「心の教育」の充実,自然体験・社会体験活動及び文化体験活動の推進,運動部活動の充実,有害環境対策に関する調査研究に取り組んでいます。また,いわゆるデジタル・デバイドの防止・解消については,放送大学,専修学校,公民館などの活用ほか,盲・聾・養護学校等の児童生徒一人一人の障害に対応した情報機器等の整備にも努めています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ