ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第9章  文化を大切にする社会の構築に向けて
第4節  文化財の保存と活用
4  無形文化財,民俗文化財の継承と発展



(1) 無形文化財

 国は,能楽,人形浄瑠璃文楽,歌舞伎などの演劇・音楽,陶芸・染織等の工芸技術などの無形の文化的所産のうち,重要なものを重要無形文化財として指定し,併せてこれを高度に体現する者を保持者又は保持団体として認定しています。平成14年7月には,芸能分野では「講談(こうだん)」など6件,工芸技術分野では「名塩雁皮紙(なじおがんぴし)」など2件を重要無形文化財に指定し,12名を重要無形文化財の保持者(いわゆる「人間国宝」)に認定しました。さらに,芸能分野では,重要無形文化財「一中節(いっちゅうぶし)」など4件について,保持者の団体の構成員として8名を追加認定しました。

 文化庁では,重要無形文化財(各個認定)の保持者に対し,技の錬磨向上と伝承者の養成のための特別助成金を交付するとともに,保持者の団体又は保持団体などが行う伝承者養成事業に対して補助を行っています。





(2) 民俗文化財

 民俗文化財の指定については,平成14年2月に,「北海道二風谷及び周辺地域のアイヌ生活用具コレクション1,112点」(北海道)など2件を重要有形民俗文化財指定し,「樋越神明宮の春鍬祭り」など4件を重要無形民俗文化財に指定しました。

 民俗文化財は,日常生活に基盤を置くものであり,近年,急激に消滅変貌する傾向にあります。このため,文化庁では,重要有形民俗文化財の修理や収蔵施設等の設置,使用法等の復元・調査などの事業に補助しています。



前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ