ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第9章  文化を大切にする社会の構築に向けて
第4節  文化財の保存と活用
3  文化財登録制度の推進


 文化財登録制度は,建造物のうち,築後50年を経たもので,国及び地方公共団体の指定文化財以外のものを対象とし,文化審議会の答申を経て,文部科学大臣が文化財登録原簿に登録する制度です。

 登録された建造物について保存修理事業を行う所有者は,国による設計管理費の補助や,固定資産税の軽減,日本政策投資銀行からの低利の融資を受けることが可能となっています。

 平成14年6月現在,遺愛学院講堂(北海道),歌舞伎座(東京都),大谷焼元山窯(徳島県),佐敷隧道(熊本県),津奈木隧道(熊本県)など多種多様の建造物2,705件が文化財登録原簿に登録されています。



前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ