ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第9章  文化を大切にする社会の構築に向けて
第3節  地域における文化の振興
3  美術館・歴史博物館活動の充実


 文化庁では,美術館・歴史博物館が優れた文化芸術の発信の拠点として,また,地域住民の文化芸術活動・学習活動の場として積極的に活用され,その機能・役割が十分に発揮できるよう,展覧会等の事業に対する支援や人材養成等を実施しています。


(1) 美術館・歴史博物館の行う自主事業に対する支援

 国民に対し優れた美術品等の展示やワークショップ(指導者の指導を受けて参加者が体験活動を行ったり,自由な討論を行い交流する機会)等の関連事業も含めた質の高い展覧会をより多く提供するため,公私立の美術館・歴史博物館が行う自主企画の巡回展・企画展やその関連事業に対して支援を実施しています。

 このほか,地域の文化芸術拠点としての役割を担う公私立の美術館・歴史博物館が,地域の中核館として,更にその機能が充実するよう,これらの館が行う地域連携事業等(他館,社会教育機関,学校等と連携して行う事業,先進的な展示・教育普及手法の開発事業,日本における諸外国との交流展覧会や海外の学芸員等の招へいなどの海外交流事業)を促進するための支援を実施しています。


(2) 美術館・歴史博物館を支える人材の養成等

 公私立の美術館・歴史博物館の学芸員等の専門知識や技術の向上,さらには情報交流の促進を図るため,独立行政法人国立美術館,独立行政法人国立博物館,大学等の協力を得て,企画展示セミナー(講習),学芸員専門研修及び運営研究協議会を実施しています。

 このほか,地域住民が身近な美術館・歴史博物館活動に積極的に参画できる環境の醸成を図るため,平成14年度は文化ボランティア事業について,全国の先導的な事例を紹介するとともにその推進を図っています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ